不動産購入時の重要事項説明とは?チェックポイントと注意点を解説!

不動産購入

不動産購入時の重要事項説明とは?チェックポイントと注意点を解説!

不動産を購入する際には、必ず重要事項説明があります。
説明を聞かなかったり、内容を理解しないまま契約したりすると、あとで困ったことやトラブルの原因になることもあるので注意が必要です。
不動産購入時の重要事項説明とはどういったものか、またチェックポイントや受ける際の注意点について解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産購入時の重要事項説明とは

重要事項説明とは、宅地建物取引業法(宅建業法)において定められた手続きです。
不動産購入時は契約締結前に、宅地建物取引士がおこなうことが義務になっています。
契約に関する内容は専門用語なども多く、知識がない場合理解しないまま契約をしてしまうことも少なくありません。
その場合、あとで困ったことやトラブルになることも考えられます。
そのようなことがないよう、契約内容に関して、専門的知識と資格を持った宅地建物取引士が内容に関してわかりやすく説明をするものです。

不動産購入時の重要事項説明のチェックポイント

チェックポイントとしては対象物件の確認が一つです。
対象となる物件の所在地や間取り、構造、築年数などに間違いがないか、抵当権が設定されている場合はいつ抹消されるのかを確認しましょう。
また、用途地域や建ぺい率など、建築物に関する法令上の制限も忘れずにチェックすることです。
契約条件の確認もチェックポイントの一つです。
手付金の保全措置の有無、物件の引き渡しまでに代金の支払いがない場合についての契約解除や違約金について、利用する住宅ローンやローン特約についてもチェックしておきましょう。

不動産購入時に重要事項説明を受ける際の注意点

重要事項説明を受ける際には、次のような注意点があります。
一つは事前にコピーをもらっておくことです。
内容は専門的なことも多く、理解しにくい点も少なくありません。
できるだけきちんと理解するためには、事前にコピーをもらい記載内容に目を通しておくことです。
不明な点は質問できるよう、チェックしておきましょう。
間違いがあったり、変更してほしい点があったりした場合は、新しい書面を作成してもらいましょう。
修正テープなどを使用すれば、あとで手を加えたのでは?などと疑われる要因になります。
説明がおわり納得した場合のみ、契約書にサインをします。
説明を受けていない場合は、決してサインをしないようにしましょう。

まとめ

不動産購入時に必ずおこなわれる重要事項説明とは、契約書の内容を宅地取引士がわかりやすく説明するものです。
専門的な内容ではありますが、事前にコピーをもらい内容を確認しておきましょう。
不明な点などがあればチェックをして、当日に確認をすることです。
間違いがなく、納得できたら契約書にサインをしましょう。
高知市の新築購入・不動産売却は有限会社パークホーム
お客様の住まい探しをサポートいたします!
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


”不動産購入”おすすめ記事

  • 一戸建てを購入した際の「入居までの期間」とは?住宅の種類ごとに解説の画像

    一戸建てを購入した際の「入居までの期間」とは?住宅の種類ごとに解説

    不動産購入

  • 住宅の購入が決断できない理由とは?対処法や購入タイミングも解説の画像

    住宅の購入が決断できない理由とは?対処法や購入タイミングも解説

    不動産購入

  • 中古マンション購入で複数申し込みがあった場合はどうなる?優先順位も解説の画像

    中古マンション購入で複数申し込みがあった場合はどうなる?優先順位も解説

    不動産購入

  • 独身で一戸建てを購入するメリットとは?物件選びのポイントも解説の画像

    独身で一戸建てを購入するメリットとは?物件選びのポイントも解説

    不動産購入

  • 資産価値が落ちないマンションを選ぶ重要性とは?特徴や調べ方も併せて解説の画像

    資産価値が落ちないマンションを選ぶ重要性とは?特徴や調べ方も併せて解説

    不動産購入

  • 中古住宅購入時の「内覧」とは?ポイントや売主への確認事項についても解説の画像

    中古住宅購入時の「内覧」とは?ポイントや売主への確認事項についても解説

    不動産購入

もっと見る