転職は住宅ローン審査に影響する?申し込みのタイミングや注意点を解説!

不動産購入

転職は住宅ローン審査に影響する?申し込みのタイミングや注意点を解説!

住宅ローンの審査では、契約者の年収や勤続年数などから返済能力を判断します。
転職する場合は、住宅ローンの申し込み前後のどちらのタイミングが良いのでしょうか。
そこで今回は、転職が住宅ローンに及ぼす影響について、申し込みのタイミングや手続き・注意点について解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

転職が住宅ローンの利用に及ぼす影響とは?

住宅ローンを利用する際は金融機関に申し込み、審査に通過する必要があります。
住宅ローンの審査では、一般的には勤続2年以上や3年以上などの条件があり、勤続年数が審査に影響します。
転職の直後に住宅ローンを利用する場合は、勤続年数がリセットされてしまうため注意しましょう。
また、転職を繰り返していると離職する確率が高いと見なされたり、収支が不安定であると判断されたりするため、審査にとおりにくくなる可能性があります。
ただし、転職によりキャリアアップを果たし年収が増加した場合には、転職後も審査にとおりやすいでしょう。

転職は住宅ローンの申し込み前後のどちらにするべき?

住宅ローンを利用するのは、転職後がおすすめです。
転職前に住宅ローンを組むと、転職後に収入が減少したり転職先がなかなか決まらなかったりするリスクがあるためです。
転職したいと考えている場合は住宅ローンの申し込み前に転職し、一定の期間を空けて勤続年数の実績を増やしながら住宅の購入準備をしましょう。
転職後に住宅ローンを利用すると、住宅ローン利用時のリスクを想定しやすくなるメリットもあります。

住宅ローンの返済中に転職した場合の手続きや注意点

転職前に住宅ローンの審査を通過し、住宅ローンの返済中に転職した場合は、金融機関に勤務先変更などの届け出が必要です。
転職後に同じ条件で住宅ローンを返済する場合も、転職したことを告知しなければなりません。
また、転職直後は住宅ローンの借り換えができない可能性もあります。
とくに収入が減ってしまった場合の借り換えは、返済中の住宅ローンより借り入れ期間を延ばすことができない点に注意が必要です。
転職後に減収などで返済計画に無理が生じた場合は、金融機関に相談しましょう。
なお、住宅ローン控除を利用している場合も手続きが必要です。
年の途中で転職し年末まで勤めている場合は、転職先に前職の源泉徴収票を提出し、転職先で年末調整をおこないましょう。

まとめ

転職後は勤続年数がリセットされてしまうため、住宅ローンの審査にとおりにくくなる可能性があります。
住宅ローンを利用したい場合は転職後に一定の期間を空けて、勤続年数の実績を増やしながら住宅の購入を検討することをおすすめします。
高知市の新築購入・不動産売却は有限会社パークホーム
お客様の住まい探しをサポートいたします!
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

有限会社パークホームへの問い合わせはこちら


有限会社パークホーム スタッフブログ編集部

高知市でなかなか希望に合う物件が見つからない、そんな方は有限会社パークホームまでご連絡ください。当社スタッフが、皆様のご要望に合う物件をご提案いたします。様々なご希望に合った物件探しのお手伝いをするため賃貸物件等に関する記事をご提供します。


”不動産購入”おすすめ記事

  • 中古住宅購入時の「内覧」とは?ポイントや売主への確認事項についても解説の画像

    中古住宅購入時の「内覧」とは?ポイントや売主への確認事項についても解説

    不動産購入

  • 一戸建てにおける子ども部屋の作り方とは?間取りやポイントについて解説の画像

    一戸建てにおける子ども部屋の作り方とは?間取りやポイントについて解説

    不動産購入

  • 40代が中古マンションを購入するメリットは?選び方や注意点をご紹介の画像

    40代が中古マンションを購入するメリットは?選び方や注意点をご紹介

    不動産購入

  • 売る前提でマンションを購入するときの選び方とは?注意点や売り方も解説の画像

    売る前提でマンションを購入するときの選び方とは?注意点や売り方も解説

    不動産購入

  • 「無担保」の住宅ローンとは?メリットや注意点についても解説の画像

    「無担保」の住宅ローンとは?メリットや注意点についても解説

    不動産購入

  • 土地購入の流れとは?買い付け、契約、引き渡しの3ステップで解説の画像

    土地購入の流れとは?買い付け、契約、引き渡しの3ステップで解説

    不動産購入

もっと見る