不動産の売買契約後の手付解除とは?方法や仲介手数料の扱いをご紹介!

不動産購入・売却注意点

不動産の売買契約後の手付解除とは?方法や仲介手数料の扱いをご紹介!

不動産の売買契約においては、契約後であっても契約解除を申し出ることができます。
ただし、ただ申し出れば契約解除できるわけではなく、違約金が発生するケースもあるのです。
今回は、売買契約後の手付解除とはどのようなものか、その方法や仲介手数料についてもご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

売買契約の手付解除とは?違約金が発生するケースも

不動産購入時の売買契約は、売主買主双方の合意のもとで成立しています。
売買契約においては、売主と買主のどちらからでも契約解除が可能です。
ただし、契約の内容やタイミングによっては違約金が発生するケースもあるため注意しましょう。
一般的には手付解除という方法を用いて、不動産売買の契約解除ができます。
手付解除とは、売主買主双方の合意のもとで定めた手付解除期日内であれば、どのような理由であっても契約解除ができる方法です。
「無理由解除」ともいわれています。

売買契約後に手付解除する具体的な方法は?

買主が手付解除する方法は、売買契約の際に支払った手付金を放棄して契約を解除する「手付放棄」です。
一方で売主が契約解除する場合は、手付金の2倍の金額を買主に支払う「手付倍返し」によって解除できます。
手付解除期日は、一般的に「履行に着手するまで」です。
たとえば、売買契約の締結から決済までの期間が1か月以内の場合、手付解除の期日は残りの代金の支払い日の1週間から10日前までが期日となります。
また、手付解除の際は、トラブルのないように手続きを進める必要があります。
手付解除の通知は、内容証明郵便などの書面でおこないましょう。

売買契約後の手付解除で仲介手数料は支払うべき?

売買契約の締結前に契約を取り消した場合は、原則として仲介手数料は発生しません。
仲介手数料は、売買契約の成功報酬として不動産会社に支払うお金であるためです。
しかし、手付解除をおこなった場合は、仲介手数料が返還されない可能性もあります。
仲介手数料には「一度売買契約が成立しているため支払うべき」「引き渡しまでを売買契約とするため返還する」など、いろいろな考え方があります。
このあたりは、不動産会社の判断によって変わるでしょう。
不動産会社と媒介契約を締結する際に、直接確認しておきましょう。

まとめ

売買契約後の手付解除とはどのようなものか、その方法や仲介手数料についてもご紹介しました。
売買契約後も定められた期日内であれば、どのような理由でも手付解除をおこなって契約解除できます。
ただし、仲介手数料の扱いについては、事前に不動産会社に確認しておきましょう。
高知市の新築購入・不動産売却は有限会社パークホーム
お客様の住まい探しをサポートいたします!
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

有限会社パークホームへの問い合わせはこちら


有限会社パークホーム スタッフブログ編集部

高知市でなかなか希望に合う物件が見つからない、そんな方は有限会社パークホームまでご連絡ください。当社スタッフが、皆様のご要望に合う物件をご提案いたします。様々なご希望に合った物件探しのお手伝いをするため賃貸物件等に関する記事をご提供します。


”不動産購入・売却注意点”おすすめ記事

  • 住み替えで不動産が売れない理由は何?事前のリスク回避方法や対処法を解説の画像

    住み替えで不動産が売れない理由は何?事前のリスク回避方法や対処法を解説

    不動産購入・売却注意点

  • 一戸建てを購入したい方におすすめ!「買取再販住宅」のメリットとは?の画像

    一戸建てを購入したい方におすすめ!「買取再販住宅」のメリットとは?

    不動産購入・売却注意点

  • 年金受給者が不動産売却すると支給額が減額される?注意点も解説の画像

    年金受給者が不動産売却すると支給額が減額される?注意点も解説

    不動産購入・売却注意点

  • 中古マンションの選び方のポイントとは?耐震基準や修繕積立金も含めご紹介の画像

    中古マンションの選び方のポイントとは?耐震基準や修繕積立金も含めご紹介

    不動産購入・売却注意点

  • 固定資産税の建て替え特例とは?適用要件や二世帯住宅の事例をご紹介の画像

    固定資産税の建て替え特例とは?適用要件や二世帯住宅の事例をご紹介

    不動産購入・売却注意点

  • 住み替えを同時進行とは?メリットとデメリットについてご紹介の画像

    住み替えを同時進行とは?メリットとデメリットについてご紹介

    不動産購入・売却注意点

もっと見る