一戸建てでも防音対策は必要?具体的な方法とあわせてご紹介

不動産購入

一戸建てでも防音対策は必要?具体的な方法とあわせてご紹介

一戸建てでの騒音のお悩みを耳にし、防音対策に興味をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
一戸建てはマンションと違って室内が静かだと思われやすいものの、音に関するお悩みは少なくありません。
今回は一戸建てにおける防音対策の必要性のほか、音を防ぐ具体的な方法もご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

一戸建てでの防音対策の必要性

一戸建てでも防音対策の必要性は高く、何らかの工夫をしていないと苦労することも少なくありません。
線路や幹線道路に近い土地では、電車や車の音で悩むことがよくあります。
また、近年は密集するように家が建てられることも多く、マンションで暮らすときのように近隣住人の生活音が聞こえることがあります。
自分の家の生活音や話し声も隣近所に聞こえており、プライバシーが十分に守られないこともあるのです。
さらに外から聞こえてきたり、自宅から漏れたりする音は、大きさ・種類・時間帯などによっては騒音になりえます。
苦情を出す側となるか、出される側となるかはケースバイケースですが、いずれにしても近隣トラブルに発展して隣近所との関係が悪くなる恐れがあるのです。
以上のようなことから、一戸建てにおいても防音対策をしておくのが望ましいのです。

一戸建ての防音対策①家を建てるときの方法

これから家を建てるなら、住まいの構造上の工夫で防音性や遮音性を高めておくと良いです。
まず建物の気密性と断熱性を高めるのがひとつの方法であり、隣家が近いときでも比較的音に悩まされにくくなります。
音を通しにくい種類の建物を選ぶのも良い方法で、鉄筋コンクリート造が一般的におすすめです。
音が主に伝わる場所へ集中的に対策を講じる手もあり、たとえば床・壁・天井などを二重構造にすると効果的です。
このほか、往来の多い前面道路の近くに寝室を配置しないなど、間取りを工夫する方法もあります。

一戸建ての防音対策②自分でできる方法

自分で都度できる防音対策には、市販の騒音防止グッズを使う方法が挙げられます。
たとえば音を吸収する防音カーペットを敷くと、自宅からの音漏れを減らせます。
防音カーテンもおすすめのグッズですが、外からの音を遮るものと室内からの音漏れを防ぐものがあるため、向いているほうを選んでください。
窓やドアにあるわずかな隙間を遮音テープで埋めるのもひとつの方法です。
遮音テープを使うときは、ドアや窓の開け閉めに支障が出ないように注意して貼り付けてください。
以上のグッズは個人で手軽に設置でき、簡単に防音性能を高められます。

まとめ

一戸建てでも音に関するトラブルは珍しくなく、防音対策の必要性は高いです。
これから家を建てるなら、気密性や断熱性を高めるなど建物の構造を工夫しておくといった方法があります。
あわせて防音カーペットなどのグッズも必要に応じて活用すると良いでしょう。
高知市の新築購入・不動産売却は有限会社パークホーム
お客様の住まい探しをサポートいたします!
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


”不動産購入”おすすめ記事

  • 定期借地権付きマンションの購入をお考えの方向け!メリットもご紹介の画像

    定期借地権付きマンションの購入をお考えの方向け!メリットもご紹介

    不動産購入

  • 一戸建てを購入する際に後悔しやすい事例とは?対策方法も解説の画像

    一戸建てを購入する際に後悔しやすい事例とは?対策方法も解説

    不動産購入

  • 居住中の中古マンションの内覧で気を付ける点とは?事前準備や注意点も解説の画像

    居住中の中古マンションの内覧で気を付ける点とは?事前準備や注意点も解説

    不動産購入

  • 一戸建てを購入した際の「入居までの期間」とは?住宅の種類ごとに解説の画像

    一戸建てを購入した際の「入居までの期間」とは?住宅の種類ごとに解説

    不動産購入

  • 住宅の購入が決断できない理由とは?対処法や購入タイミングも解説の画像

    住宅の購入が決断できない理由とは?対処法や購入タイミングも解説

    不動産購入

  • 中古マンション購入で複数申し込みがあった場合はどうなる?優先順位も解説の画像

    中古マンション購入で複数申し込みがあった場合はどうなる?優先順位も解説

    不動産購入

もっと見る