不動産の購入前に知っておくべき固定資産税の金額と支払い時期をご紹介

不動産購入

不動産の購入前に知っておくべき固定資産税の金額と支払い時期をご紹介

不動産を購入する前に、固定資産税について調べている方もいらっしゃるでしょう。
固定資産税は、不動産を所有した場合に支払う税金というイメージがあるかと思います。
それでは、実際にいつ、いくら支払う税金なのか?
今回は、固定資産税の金額や支払い時期についてご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産を購入したら支払う固定資産税とは

固定資産税とは、土地や建物、償却資産など所有する固定資産に対する税金です。
土地は宅地や田畑、山林、駐車場なども含まれ、建物は住宅や工場、店舗、倉庫などがあります。
償却資産とは事業用資産とも呼ばれており、時間の経過とともに価値が下がる資産です。
たとえば、不動産の建物部分は築年数とともに価値が下がるため、償却資産の対象です。
そのため、住宅や建物部分の多くは時間とともに売買価格が低下します。

不動産を購入してかかる固定資産税はいくら?

固定資産税は、下記の計算方法で求められます。

固定資産税=固定資産税評価額×1.4%
不動産が住宅の場合は、土地と建物の課税額が別に計算されます。
固定資産税評価額は、不動産所有者に行政機関から送付される納付通知書で確認が可能です。
概算の場合は、土地で時価の70%、建物部分で新築時の50~60%で計算ができます。
ただし、建物部分に関しては償却資産になるため、課税額が実際と異なる可能性があるので注意しましょう。

不動産購入にかかる固定資産税の支払日はいつ?

固定資産税は、1月1日時点で不動産を所有している方が支払うことになります。
不動産を1月2日以降に購入した場合、その年の支払いはありません。
しかし、不動産売買においては1年間の納付額を日割り計算し、所有権移転登記のあとから来年1月1日までの税額を買主が売主に支払います。
つまり、1月2日以降に不動産を購入しても支払いが無くなるわけではありません。
固定資産税の納付期限は、各自治体により異なります。
一般的には、6月・9月・12月・2月の年4回払いですが、一括払いを希望すれば対応可能です。
支払いの希望や詳細については、各自治体のホームページを見る、窓口で確認すると良いでしょう。

まとめ

今回は不動産を購入したら支払うことになる固定資産税の金額はいくらか、支払い期限はいつかなどをご紹介しました。
固定資産税評価額を納付通知書で確認をすれば、簡単に税額を算出できます。
また、一般的な納付期限は年4回または一括払いとなりますが、各自治体により異なるため問い合わせや確認をしましょう。
高知市の新築購入・不動産売却は有限会社パークホーム
お客様の住まい探しをサポートいたします!
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

有限会社パークホームへの問い合わせはこちら


有限会社パークホーム スタッフブログ編集部

高知市でなかなか希望に合う物件が見つからない、そんな方は有限会社パークホームまでご連絡ください。当社スタッフが、皆様のご要望に合う物件をご提案いたします。様々なご希望に合った物件探しのお手伝いをするため賃貸物件等に関する記事をご提供します。


”不動産購入”おすすめ記事

  • 一戸建てを購入した際の「入居までの期間」とは?住宅の種類ごとに解説の画像

    一戸建てを購入した際の「入居までの期間」とは?住宅の種類ごとに解説

    不動産購入

  • 住宅の購入が決断できない理由とは?対処法や購入タイミングも解説の画像

    住宅の購入が決断できない理由とは?対処法や購入タイミングも解説

    不動産購入

  • 中古マンション購入で複数申し込みがあった場合はどうなる?優先順位も解説の画像

    中古マンション購入で複数申し込みがあった場合はどうなる?優先順位も解説

    不動産購入

  • 独身で一戸建てを購入するメリットとは?物件選びのポイントも解説の画像

    独身で一戸建てを購入するメリットとは?物件選びのポイントも解説

    不動産購入

  • 資産価値が落ちないマンションを選ぶ重要性とは?特徴や調べ方も併せて解説の画像

    資産価値が落ちないマンションを選ぶ重要性とは?特徴や調べ方も併せて解説

    不動産購入

  • 中古住宅購入時の「内覧」とは?ポイントや売主への確認事項についても解説の画像

    中古住宅購入時の「内覧」とは?ポイントや売主への確認事項についても解説

    不動産購入

もっと見る