生活音も気になる方に!賃貸物件でできる床・壁・天井の簡単な防音対策とは

賃貸

生活音も気になる方に!賃貸物件でできる床・壁・天井の簡単な防音対策とは

賃貸物件を探している方のなかには、建物の防音を気にして物件を選んでいる方もいるでしょう。
しかし、契約してから暮らしの音が気になり出す方もいます。
毎日のことなので、ちょっとした音でも眠れないくらいに気になってしまうことも。
そこで、賃貸物件でもできる床・壁・天井の防音対策をご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

賃貸物件でもできる床への防音対策とは

まずは、賃貸物件でもできる床の防音対策からみていきましょう。
床の防音対策は、主に階下の住人とのトラブルにならないための対策です。
音には種類があり、子どもが走る音や重い物を落としたときの音は重量床衝撃音といわれます。
食器などの軽いものを落としたときや、普通に歩く音は軽量床衝撃音です。
軽量床衝撃音だけなら、床にカーペットを敷くだけでかなり防音効果が期待できます。
また、スリッパを履くだけでもスリッパが衝撃を和らげてくれるため、防音効果が期待できるでしょう。
子どもがいる家庭なら、重量床衝撃音の対策もしなければいけません。
リフォームができれば重量床衝撃音対策できる床材に替える方法がありますが、賃貸物件では難しいでしょう。
そのため、防音マットを敷いて、さらにその上に防音カーペットを敷く簡単な方法を使うのがおすすめです。

壁への対策も必要!賃貸物件でもできる壁の防音対策をご紹介

賃貸物件の壁にも、防音対策をする必要があります。
壁の防音対策をする目的は、自分の部屋から音が他の住戸に響かないようにすることと、隣の住戸からの音を遮断させることです。
壁への対策には、吸音・遮音・防振性をチェックしましょう。
それぞれ効果が高い防音シートを壁に貼るのが簡単な方法で、賃貸物件用に貼って剥がせる防音シートが販売されています。
また、家具の設置をするときに配置を考えるのも1つの方法です。
家具があることで、音を遮断する効果が期待できます。
隣の住戸との間に収納スペースがある部屋を選んだり、本棚などを購入して置いたりするのもおすすめです。

賃貸物件の天井の防音対策をチェック!階上の音が気になるときに

床や壁の防音対策は比較的やりやすいですが、賃貸物件の天井の防音対策は難しいケースがあります。
天井からの振動を下に伝わりにくくするために、防振性のあるシートを貼るのも1つの方法です。
これから賃貸物件を探すなら、天井に遮音性があり防音効果の対策がされている物件を選ぶのもいいでしょう。
あまりにも階上の音が気になる場合は、大家さんや管理会社に相談するのがおすすめです。

まとめ

賃貸物件の床・壁・天井の防音対策の方法を紹介しました。
賃貸物件の防音対策用のグッズは、ホームセンターなどで販売されています。
原状回復できるよう考えられたアイテムがあるので、音が気になる方はチェックしてみましょう。
また、防音対策をしても隣の住戸などの音が気になるときは直接住人にクレームを入れるのではなく、大家さんや管理会社を通じて注意をしてもらうのがおすすめです。
高知市の新築購入・不動産売却は有限会社パークホーム
お客様の住まい探しをサポートいたします!
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


”賃貸”おすすめ記事

  • 賃貸営業募集!!の画像

    賃貸営業募集!!

    賃貸

  • 土地活用の建設協力金とは?オーナー・テナントのメリットをご紹介!の画像

    土地活用の建設協力金とは?オーナー・テナントのメリットをご紹介!

    賃貸

  • 賃貸物件に表札を出すことのメリットデメリットや表札の付け方を紹介の画像

    賃貸物件に表札を出すことのメリットデメリットや表札の付け方を紹介

    賃貸

  • 賃貸物件の鍵を紛失した場合はどうする?とるべき対応や費用相場について解説の画像

    賃貸物件の鍵を紛失した場合はどうする?とるべき対応や費用相場について解説

    賃貸

もっと見る