一戸建てならどれがいい?キッチンの種類と特徴

リフォーム

一戸建てならどれがいい?キッチンの種類と特徴

一戸建ての購入にあたり、キッチンにこだわりたい人も多いのではないでしょうか。
毎日使う場所だからこそ、快適な空間にして料理を楽しみたいですよね。
キッチンにはさまざまな種類があり、それぞれ特徴を持っているのです。
今回は、キッチンの種類と特徴について紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

一戸建ての購入前に!キッチンの種類と特徴を把握しよう


キッチンにはシステムキッチンとセクショナルキッチンの2つに分けられます。
いまはシステムキッチンがオーソドックスですが、それまではセクショナルキッチンが一般的でした。
セクショナルキッチンは、シンクやコンロ台などのパーツが独立したタイプで、パーツの隙間に汚れがたまりやすいのがデメリットとして挙げられます。
システムキッチンは、各パーツが1枚の天板によって一体化されたタイプです。
パーツ間の継ぎ目がなく平坦なので、お手入れが簡単となっています。
システムキッチンは、大まかに分けるとアイランドキッチン、ペニンシュラキッチン、I型キッチン、L型キッチンの4種類です。
アイランドキッチンは、島のように配置されたスタイルのキッチンのことを指します。


 開放的な空間で家族と料理を楽しめる反面、においが蔓延しやすく、広いスペースがないと設置できません。
ペニンシュラキッチンは、キッチン本体の片側だけ壁に接したタイプになります。
キッチンの外から見えにくいので生活感を隠してくれますが、片側が壁となるため開放感に欠けるのが短所です。
I型キッチンは、壁付のコンロとシンクが一列に並んだ一般的なタイプになります。
比較的安く省スペースで済む一方で、複数で料理するときは動線が重なるため動きにくいのが欠点です。
L型キッチンは、シンクとコンロ部分が90度で向かい合う形のキッチンのことをいいます。
L字型のため移動しやすいのが特徴ですが、広いスペースが必要となり、ダイニング・リビングが手狭にならないように注意しなければなりません。

一戸建てならどっちがおすすめ?対面キッチンと壁付キッチンの2種類を紹介

キッチンには対面タイプと壁付タイプがあります。
対面キッチンは部屋全体を見渡せるので、リビング側からキッチンが見えにくく目隠ししやすいのがメリットです。
その反面、ある程度広いスペースが必要となるため、狭い家では圧迫感が出てしまうデメリットがあります。
料理中も子どもから目を離せない、家族と会話しながら料理したい人には対面キッチンがおすすめです。
壁付タイプはリビング・ダイニングスペースを広く活用でき、配膳や片付けが楽になるのが特徴です。
一方で料理中は壁に向かっているため、家族とのコミュニケーションが取りにくいのがデメリットになります。
複数人で料理する機会が多く、料理に集中したい人におすすめです。

要チェック|新築・築浅物件の売買特集

まとめ

さまざまな種類のキッチンがありますが、家の間取りや生活スタイルによって向き不向きがあります。
それぞれの違いを把握して、ベストなタイプを選んでみてください。
高知市の新築購入・不動産売却は有限会社パークホーム
お客様の住まい探しをサポートいたします!
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

”リフォーム”おすすめ記事

  • ヴィンテージマンションとは?魅力や選び方について解説の画像

    ヴィンテージマンションとは?魅力や選び方について解説

    リフォーム

  • リノベーション費用の目安とは?予算の立て方や抑える方法をご紹介の画像

    リノベーション費用の目安とは?予算の立て方や抑える方法をご紹介

    リフォーム

  • ペットのためのマンションリノベーションとは?事例や注意点をご紹介の画像

    ペットのためのマンションリノベーションとは?事例や注意点をご紹介

    リフォーム

  • マンションの窓をリフォームするメリットと許可が必要などの注意点もご紹介の画像

    マンションの窓をリフォームするメリットと許可が必要などの注意点もご紹介

    リフォーム

  • 空き家をリフォーム・リノベーションするメリットは?費用や減税制度を解説の画像

    空き家をリフォーム・リノベーションするメリットは?費用や減税制度を解説

    リフォーム

  • 中古住宅にフルリノベーションをするメリットや必要な費用についてご紹介!の画像

    中古住宅にフルリノベーションをするメリットや必要な費用についてご紹介!

    リフォーム

もっと見る