マイホームは新築と中古どっちを選ぶ?それぞれのメリットデメリット

不動産購入・売却注意点

マイホームは新築と中古どっちを選ぶ?それぞれのメリットデメリット

これまでは断然新築人気が高かったマイホームですが、近年はリノベーション人気で中古住宅の需要も高まっています。
新築と中古のどっちを選ぶべきか、悩む方も多いのではないでしょうか。
今回は新築住宅と中古住宅どっちを選ぶべきなのかお悩みの方に向けて、それぞれのメリット・デメリットをご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

新築と中古どっちを選ぶ?新築住宅のメリット・デメリット

新築住宅の最大のメリットは新しいことで断熱性や機密性など住宅の性能や建築技術、キッチンやお風呂などの設備も最新なので、生活がとてもしやすいでしょう。
注文住宅を建築するのであれば、間取りや設備、内装まですべて自分の希望通りにできます。
最新の設備が使用されていることで、メンテナンス費用も中古と比較して抑えられます。
さらに住宅ローン控除などの税制優遇も新築のほうが有利なので意外とコスト面でもメリットがありますね。
次にデメリットですが、やはり購入価格が高いことでしょう。
設備が最新なので価格が高くなるのは当然ですが、それだけでなく新築には販売経費が上乗せされ割高になっています。
また完成前のマンションや注文住宅などを購入すると日当たりや風通りなど実際に確認できないのである程度リスクがあります。
駅近などの便利なエリアほどすでに物件が建っているので、利便性の高い立地を探すのが難しいのも新築のデメリットと言えるでしょう。

新築と中古どっちを選ぶ?中古住宅のメリット・デメリット

中古住宅の1番のメリットはずばり価格の安さです。
先ほどもお伝えした新築住宅に上乗せされる販売経費がかからないので、割安に購入できます。
その反面やはり古さがデメリットとなりますが、リノベーションやリフォームをすれば新築同様に生まれ変わることもあります。
さらに中古物件は便利な人気エリアでも見つかることが多く、選択肢が多いのもメリットの一つです。
マンションなどは管理状態や日当たり、眺望などを確認できるのも安心ですね。
次にデメリットですが、やはり築年数が古い分住宅の修繕コストがかかることです。
マンションの場合は修繕積立金が築年数によって値上げするので、月々の負担が増える可能性も高いです。
また古い物件の場合は耐震性能を満たしていないこともあるので、その点は特に確認が必要です。

まとめ

今回は新築住宅と中古住宅どっちを選ぶべきなのかお悩みの方に向けてそれぞれのメリット・デメリットをご紹介しました。
ご紹介したように、新築と中古はどっちが優れているというものではなくそれぞれにメリット・デメリットが存在します。
どっちにすべきか悩むときはマイホームに求める条件を整理してみるのもおすすめです。
高知市の新築購入・不動産売却は有限会社パークホーム
お客様の住まい探しをサポートいたします!
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

”不動産購入・売却注意点”おすすめ記事

  • 住み替えで不動産が売れない理由は何?事前のリスク回避方法や対処法を解説の画像

    住み替えで不動産が売れない理由は何?事前のリスク回避方法や対処法を解説

    不動産購入・売却注意点

  • 一戸建てを購入したい方におすすめ!「買取再販住宅」のメリットとは?の画像

    一戸建てを購入したい方におすすめ!「買取再販住宅」のメリットとは?

    不動産購入・売却注意点

  • 年金受給者が不動産売却すると支給額が減額される?注意点も解説の画像

    年金受給者が不動産売却すると支給額が減額される?注意点も解説

    不動産購入・売却注意点

  • 中古マンションの選び方のポイントとは?耐震基準や修繕積立金も含めご紹介の画像

    中古マンションの選び方のポイントとは?耐震基準や修繕積立金も含めご紹介

    不動産購入・売却注意点

  • 固定資産税の建て替え特例とは?適用要件や二世帯住宅の事例をご紹介の画像

    固定資産税の建て替え特例とは?適用要件や二世帯住宅の事例をご紹介

    不動産購入・売却注意点

  • 住み替えを同時進行とは?メリットとデメリットについてご紹介の画像

    住み替えを同時進行とは?メリットとデメリットについてご紹介

    不動産購入・売却注意点

もっと見る