太陽光発電を戸建てに設置したい!必要な費用やメリットデメリットとは?

リフォーム

太陽光発電を戸建てに設置したい!必要な費用やメリットデメリットとは?

今回は、近年戸建て住宅にもどんどん導入されるようになった「太陽光発電」について解説します。
太陽光発電を戸建てに設置するとなるとどのくらいの費用がかかるのか、太陽光発電にはどんなメリットとデメリットがあるのか、それらについて解説していきますので、戸建ての購入を検討している方はぜひ参考にしてください。

弊社へのお問い合わせはこちら

太陽光発電を戸建てに設置するためにはどのくらいの費用がかかる?

太陽光発電を戸建てに設置するための費用がどのくらいかかるのか、というのは一番気になるところですが、これは正直なところ、太陽光発電設備の発電量だけでなく「どのメーカーを選ぶか」によってもかなりの違いが出てきます。
それでもあえて大ざっぱな費用目安を挙げるとすれば、設置費用込みで100万円台~200万円台の範囲内になることが多い、という感じですね。
どのメーカーを選んだとしても設置のためにはそれなりの費用がかかってしまいますが、蓄電池の導入も含めた太陽光発電設置に対しては補助金を出している自治体もありますので、ぜひ自治体のホームページなどで補助金の有無を確かめてみましょう。

太陽光発電を戸建てに設置したらどんなメリットがある?

太陽光発電を戸建てに設置したらどんなメリットがあるのかはご存じの方も多いかと思いますが、改めて具体的に確認しておきましょう。

●災害時など、停電が起こっても電気が使える
●電気料金の高い日中は太陽光発電での発電を利用でき、夜間は割安な夜間電気料金で電気が使えるので効率的な電気利用につながる
●太陽光発電パネル自体にそれなりの断熱効果があるため、家の断熱性能アップが期待できる


上記のとおり創エネ設備としてはもちろん、夏の強い日射しも太陽光発電パネルが吸収してくれることで断熱効果も期待できるのがメリットですね。

太陽光発電を戸建てに設置することのデメリットはあるのか?

太陽光発電を戸建てに設置することには多くのメリットがあるものの、残念ながらいくつかのデメリットも存在します。
太陽光発電のおもなデメリットは以下のとおり。

●導入のための初期費用負担が重い
●さらに点検・メンテナンスのコストもかかる
●屋根と一体化させた太陽光発電は住宅の一部と見なされ「太陽光発電設備による資産価値アップ」で固定資産税も高くなる
●発電量は天候や季節に左右されるので不安定


やはり設置やメンテナンスにお金がかかってくるのは避けられません。
将来家を売却する場合にもひと手間必要になる可能性があることも覚えておくと良いかもしれません。

まとめ

今回は太陽光発電を戸建てに設置する際のざっとした費用の目安を紹介したうえで、太陽光発電のメリットやデメリットも紹介しました。
便利かつ災害時にも頼もしい設備ではありますが、導入コストやメンテナンスコストがかかることもきちんと理解したうえで導入すべきかどうかを検討していきましょう。
高知市の新築購入・不動産売却は有限会社パークホーム
お客様の住まい探しをサポートいたします!
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

”リフォーム”おすすめ記事

  • ヴィンテージマンションとは?魅力や選び方について解説の画像

    ヴィンテージマンションとは?魅力や選び方について解説

    リフォーム

  • リノベーション費用の目安とは?予算の立て方や抑える方法をご紹介の画像

    リノベーション費用の目安とは?予算の立て方や抑える方法をご紹介

    リフォーム

  • ペットのためのマンションリノベーションとは?事例や注意点をご紹介の画像

    ペットのためのマンションリノベーションとは?事例や注意点をご紹介

    リフォーム

  • マンションの窓をリフォームするメリットと許可が必要などの注意点もご紹介の画像

    マンションの窓をリフォームするメリットと許可が必要などの注意点もご紹介

    リフォーム

  • 空き家をリフォーム・リノベーションするメリットは?費用や減税制度を解説の画像

    空き家をリフォーム・リノベーションするメリットは?費用や減税制度を解説

    リフォーム

  • 中古住宅にフルリノベーションをするメリットや必要な費用についてご紹介!の画像

    中古住宅にフルリノベーションをするメリットや必要な費用についてご紹介!

    リフォーム

もっと見る