不動産の売却における注文住宅と建売の違いや売却時のポイントとは?

不動産購入・売却注意点

不動産の売却における注文住宅と建売の違いや売却時のポイントとは?

戸建てとひと口に言っても注文住宅と建売の2種類の間にはさまざまな違いがあります。
ここでは、注文住宅と建売の売却における違いやポイントついて解説していきますのでぜひ参考にしてください。

弊社へのお問い合わせはこちら

注文住宅の不動産を売却する際に知っておきたい建売との違いとは

まず、注文住宅と建売それぞれの特徴をご紹介していきます。

注文住宅

●他の住宅と異なる個性的なデザインの住宅が多い
家主がこだわって考えた個性的なデザインの住宅が多くあります。

●万人受けしない
こだわって設計されたために、かえって一部の方にしか受け入れられない住宅になってしまうというデメリットがあります。

●価格が割高になる
既製の材料を使わずにはじめから住宅を建てる必要があるため、コストが上がりやすくなってしまいます。

建売住宅

●誰もが利用しやすい間取りになっている
敷地の広さに対してバランスよく間取りが考えられ、キッチンやリビングなどの生活動線を意識してつくられているため、多くの方が利用しやすい間取りになっています。

●個性的なデザインの住宅が少ない
同じ設計の住宅をたくさん作ることでコストを押さえているため、似たようなデザインの住宅が多いというデメリットがあります。

●売却がスムーズに進みやすい
万人受けする間取りでコストが比較的安いという特徴があるため、売却しやすいといえます。

不動産の売却において注文住宅を売却する際のポイント

先ほどの注文住宅と建売の特徴からも分かるように、注文住宅は建売に比べて売却しにくい可能性があります。
そこで、注文住宅を売却する際のポイントを押さえておきましょう。

立地条件の変化に注目する
生活しやすい環境に建っている住宅は、多少高額でも売却しやすくなります。
ショッピングモールや新しい道路ができたときなど、立地条件が良くなるタイミングを逃さないようにしましょう。

耐震性のある家のニーズに応えるようにする
近年、大きな地震が多発していることもあり、耐震性のある住宅へのニーズが高まっています。
一度、地盤調査を行ってみて、安全性の高さをアピールできれば売却しやすくなります。

大手のハウスメーカーで建てたということをアピールする
信頼性の高い大手のハウスメーカーで建てた住宅は、長期的に利用できるという印象もあるため、売却しやすくなります。

まとめ

同じ住宅でも、注文住宅と建売では特徴や売却のしやすさに違いがあります。
両者を比較すると注文住宅は売却に時間がかかるため、さまざまなポイントをチェックして、上手に売却活動やアピールをしていくようにしましょう。
高知市の新築購入・不動産売却は有限会社パークホーム
お客様の住まい探しをサポートいたします!
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

”不動産購入・売却注意点”おすすめ記事

  • 住み替えで不動産が売れない理由は何?事前のリスク回避方法や対処法を解説の画像

    住み替えで不動産が売れない理由は何?事前のリスク回避方法や対処法を解説

    不動産購入・売却注意点

  • 一戸建てを購入したい方におすすめ!「買取再販住宅」のメリットとは?の画像

    一戸建てを購入したい方におすすめ!「買取再販住宅」のメリットとは?

    不動産購入・売却注意点

  • 年金受給者が不動産売却すると支給額が減額される?注意点も解説の画像

    年金受給者が不動産売却すると支給額が減額される?注意点も解説

    不動産購入・売却注意点

  • 中古マンションの選び方のポイントとは?耐震基準や修繕積立金も含めご紹介の画像

    中古マンションの選び方のポイントとは?耐震基準や修繕積立金も含めご紹介

    不動産購入・売却注意点

  • 固定資産税の建て替え特例とは?適用要件や二世帯住宅の事例をご紹介の画像

    固定資産税の建て替え特例とは?適用要件や二世帯住宅の事例をご紹介

    不動産購入・売却注意点

  • 住み替えを同時進行とは?メリットとデメリットについてご紹介の画像

    住み替えを同時進行とは?メリットとデメリットについてご紹介

    不動産購入・売却注意点

もっと見る