中古住宅にフルリノベーションをするメリットや必要な費用についてご紹介!

リフォーム

中古住宅にフルリノベーションをするメリットや必要な費用についてご紹介!

中古住宅を購入する場合、リフォームやリノベーションを依頼し、新築に近い状態で入居する方法もあります。
なかには「せっかくリノベーションをするのならまるごと全部やりたい」と考える方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、中古住宅にフルリノベーションをするメリットや費用についてご紹介しますので、実施するかどうかの参考資料にしてみてください。

弊社へのお問い合わせはこちら

中古住宅のフルリノベーションとは?

リノベーションは劣化した場所や修繕が必要な場所だけに手を入れるリフォームとは違い、元の家になかった新たな価値をつけるための工事です。
とくにフルリノベーションはスケルトンリノベーションとも呼ばれるように、建物を一度骨組みにしてから改修します。
通常のリノベーションとは違い、外観や間取りなどに関する依頼主の希望が非常に通りやすいのが特徴です。

中古住宅にフルリノベーションをするメリット・デメリットは?

中古住宅にフルリノベーションをすると、間取りなどを自由に変更できるメリットがあります。
立地などの条件が良い物件を見つけたものの、間取りが家族の人数やライフスタイルと合わない場合に良い選択肢です。
またフルリノベーションをしても、その家の築年数は新築と同じ扱いになりません。
フルリノベーションの中古住宅は、新築よりも固定資産税が安くなるメリットもあります。
ただし費用をかけてフルリノベーションをしても骨組み・構造自体は元の家から変わらず、安全性に気を配らないとならない点が大きなデメリットです。
築年数の経過した物件では、フルリノベーションだけでなく耐震補強なども考えることをおすすめします。

中古住宅のフルリノベーションにかかる大まかな費用は?

マンションのフルリノベーションは、250万円から1,000万円弱が相場となっています。
一方一戸建ての場合は400万円から2,000万円弱が相場であり、マンションよりも費用が高額になるケースが多いです。
もちろん、建材のグレードや元の物件の築年数・家の広さなどによって金額が大きく異なります。
新築を購入するのと中古住宅にフルリノベーションをするのと、どちらが長い目で見て得をするか、冷静に考えてみるのがおすすめです。
現在は住宅ローン・リフォームローンが一体化したローンもあり、返済面で大きな違いが出ることはあまり多くありません。

まとめ

新築だと人気エリアで探せる物件が限られるなか、フルリノベーションを視野に入れ中古住宅にも目を向けると良い物件が見つかることもあります。
外観・内装は新築とほとんど変わらないのに購入費用が安くなるなど、フルリノベーションにはメリットも多いです。
これからマイホーム購入を計画している方は、ぜひフルリノベーションもご検討ください。
高知市の新築購入・不動産売却は有限会社パークホーム
お客様の住まい探しをサポートいたします!
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


”リフォーム”おすすめ記事

  • ヴィンテージマンションとは?魅力や選び方について解説の画像

    ヴィンテージマンションとは?魅力や選び方について解説

    リフォーム

  • リノベーション費用の目安とは?予算の立て方や抑える方法をご紹介の画像

    リノベーション費用の目安とは?予算の立て方や抑える方法をご紹介

    リフォーム

  • ペットのためのマンションリノベーションとは?事例や注意点をご紹介の画像

    ペットのためのマンションリノベーションとは?事例や注意点をご紹介

    リフォーム

  • マンションの窓をリフォームするメリットと許可が必要などの注意点もご紹介の画像

    マンションの窓をリフォームするメリットと許可が必要などの注意点もご紹介

    リフォーム

  • 空き家をリフォーム・リノベーションするメリットは?費用や減税制度を解説の画像

    空き家をリフォーム・リノベーションするメリットは?費用や減税制度を解説

    リフォーム

  • 一戸建て住宅で猫が脱走しやすい場所や防止策をご紹介!の画像

    一戸建て住宅で猫が脱走しやすい場所や防止策をご紹介!

    リフォーム

もっと見る