建売住宅を建築前に契約する流れとメリットをご紹介!

不動産購入

建売住宅を建築前に契約する流れとメリットをご紹介!

建売住宅の購入を考える際、建築前に契約できるのか疑問に思う方も多いでしょう。
建築前と後では、手続きの流れ、メリットが異なる部分があります。
そこで今回は、建築前の建売住宅契約の流れやメリットについて、ご紹介します。

有限会社パークホームへのお問い合わせはこちら


建売住宅購入を建築前に契約する場合の流れ

建売住宅を建築前に契約することは可能ですが、いくつかの重要なポイントに注意が必要です。
契約の流れとしては、まず建築される予定の建売住宅のプランや仕様を設計図などで確認し、その後、土地と建物の売買契約を結びます。
契約後は、建物の建設が始まり、完成後には購入者が竣工検査として内覧に赴き、工事内容が契約通りに進んでいるかを確認します。
問題がなければ残りの購入代金を支払い、物件を引き渡されることになります。
重要なのは、契約を結ぶ前にどのような建売住宅が建てられる予定なのか、設計図などでプランや仕様を確認することです。
また、建築が進む中で軽微な設計変更がおこなわれる可能性があるため、契約時にはこれらの可能性についても理解しておくことが重要です。

▼この記事も読まれています
不動産購入時の重要事項説明とは?チェックポイントと注意点を解説!

建売住宅購入を建築前に契約するメリット

建売住宅を建築前に契約する際のメリットとは次のようなものが挙げられます。

区画の選択

建築前であれば、好きな区画を選ぶことが可能です。
特に複数棟ある場合には、希望に合った位置の物件を選択できる点が大きな利点です。

施工状況の確認

契約後、建設途中の住宅の施工状況を確認できます。
普段見ることができない基礎などの部分もチェックできるため、建物の品質に対する安心感を得られます。

早く購入できる

建築前に契約することで、他の購入希望者より先に物件を確保できるため、目当ての物件を他人に先を越されるリスクを減らせます。
一方でデメリットの考慮も必要です。
建売住宅を建築前に契約する際のデメリットは生活イメージがしにくいことが挙げられます。
図面のみで物件を判断するため、実際の建物や生活のイメージを持ちにくいです。
建物が完成してからではないため、想像と異なる印象を抱く可能性があります。
これらのメリットとデメリットを踏まえたうえで、建売住宅を建築前に契約するかどうかを検討することが重要です。
購入希望者は、自身のニーズや期待に照らし合わせて、最適な選択をする必要があります。

▼この記事も読まれています
マイホームの購入時にかかる諸費用とは?一覧や相場を解説

まとめ

建売住宅は建築前に契約可能です。
建築前の契約にはメリットもありますが、未完成の物件を購入するため、完成後の物件が想定通りであるかを確認する必要があります。
完成後の物件が期待と異なる場合、トラブルの原因となることもあるため、注意が必要です。
高知市の新築一戸建なら有限会社パークホームへ。
お客様の住まい探しをサポートいたします!

有限会社パークホームへのお問い合わせはこちら


有限会社パークホームの写真

有限会社パークホーム スタッフブログ編集部

高知市でなかなか希望に合う物件が見つからない、そんな方は有限会社パークホームまでご連絡ください。当社スタッフが、皆様のご要望に合う物件をご提案いたします。様々なご希望に合った物件探しのお手伝いをするため賃貸物件等に関する記事をご提供します。


”不動産購入”おすすめ記事

  • 定期借地権付きマンションの購入をお考えの方向け!メリットもご紹介の画像

    定期借地権付きマンションの購入をお考えの方向け!メリットもご紹介

    不動産購入

  • 一戸建てを購入する際に後悔しやすい事例とは?対策方法も解説の画像

    一戸建てを購入する際に後悔しやすい事例とは?対策方法も解説

    不動産購入

  • 居住中の中古マンションの内覧で気を付ける点とは?事前準備や注意点も解説の画像

    居住中の中古マンションの内覧で気を付ける点とは?事前準備や注意点も解説

    不動産購入

  • 一戸建てを購入した際の「入居までの期間」とは?住宅の種類ごとに解説の画像

    一戸建てを購入した際の「入居までの期間」とは?住宅の種類ごとに解説

    不動産購入

  • 住宅の購入が決断できない理由とは?対処法や購入タイミングも解説の画像

    住宅の購入が決断できない理由とは?対処法や購入タイミングも解説

    不動産購入

  • 中古マンション購入で複数申し込みがあった場合はどうなる?優先順位も解説の画像

    中古マンション購入で複数申し込みがあった場合はどうなる?優先順位も解説

    不動産購入

もっと見る