不動産の売却に司法書士は必要?司法書士の役割と費用を知っておこう

不動産購入・売却注意点

不動産の売却に司法書士は必要?司法書士の役割と費用を知っておこう

不動産を売却する際、手続きを司法書士に依頼するのが一般的な流れです。
司法書士は不動産売却時の書類のやり取りを代行してくれますが、当然ながら司法書士への費用がかかります。
そのため、依頼するなら司法書士の必要性をしっかりと把握しておきたいと思われる方もいらっしゃるでしょう。
今回は不動産の売却時に司法書士が必要な理由とその役割、費用について解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産を売却する際に司法書士が必要な理由は?

売主と買主の間に立ち、不動産売買の煩雑な手続きをスムーズにとり行うのが司法書士の役割です。
不動産登記自体は自分で行うことも可能ですが、プロである司法書士に依頼したほうが無難です。
それでは司法書士の役割と必要性について見ていきましょう。

詐欺被害やトラブルのリスクを回避する

不動産売買では大金が動きます。
そのため、売主側としては必ず残金決済が行われる証明を得るまで物件の権利を渡したくない、買主側としては登記名義が自分のものになり物件の権利をもらうまでは残金決済はしたくない、と考えるのが自然です。
しかし信頼できる第三者である司法書士が間に入ることで売主と買主での詐欺やトラブルを回避でき、安心して取引を進められます。
司法書士は売買時に必要な書類すべてに目を通し、権利証や印鑑証明に偽造がないかを見極めます。
また司法書士は売主と買主の本人確認を行い、売主自身にきちんと売却の意思があるかを確認することで未然にトラブルを防いでくれます。

時間と労力をかけずに効率的に手続きできる

不動産の売買に必要な書類は多く、手続きは煩雑で、手間と労力が非常にかかります。
仮に司法書士を頼まず自分で手続きを行うとなると平日に勤務を休んで法務局に行かなくてはなりません。
時間と労力がかかるうえ書類に不備があれば再度訂正に出向かなくてはならないので、その手間を考えるとプロである司法書士に頼むほうが現実的といえるでしょう。

不動産の売却で司法書士にかかる費用はどのくらい?

それでは実際に不動産売却時に司法書士に支払う費用の相場について見ていきましょう。
売主が不動産の売却時に負担する費用は、国に納める登録免許税と司法書士への報酬に分けられます。
登録免許税は「不動産の個数」×1,000円で、土地と建物は別々にカウントします。

まとめ

今回は不動産売却の際の司法書士の必要性と費用について解説しました。
不動産売買は大金が動く取引のため、安心に確実に行うことが求められます。
国家資格を持った司法書士はその道のプロであり、トラブルやリスクを回避できる点でも手間と労力を減らせる点でも依頼するメリットは大きく、不動産売買時に必要な存在といえるでしょう。
高知市の新築購入・不動産売却は有限会社パークホーム
お客様の住まい探しをサポートいたします!
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

”不動産購入・売却注意点”おすすめ記事

  • 住み替えで不動産が売れない理由は何?事前のリスク回避方法や対処法を解説の画像

    住み替えで不動産が売れない理由は何?事前のリスク回避方法や対処法を解説

    不動産購入・売却注意点

  • 一戸建てを購入したい方におすすめ!「買取再販住宅」のメリットとは?の画像

    一戸建てを購入したい方におすすめ!「買取再販住宅」のメリットとは?

    不動産購入・売却注意点

  • 年金受給者が不動産売却すると支給額が減額される?注意点も解説の画像

    年金受給者が不動産売却すると支給額が減額される?注意点も解説

    不動産購入・売却注意点

  • 中古マンションの選び方のポイントとは?耐震基準や修繕積立金も含めご紹介の画像

    中古マンションの選び方のポイントとは?耐震基準や修繕積立金も含めご紹介

    不動産購入・売却注意点

  • 固定資産税の建て替え特例とは?適用要件や二世帯住宅の事例をご紹介の画像

    固定資産税の建て替え特例とは?適用要件や二世帯住宅の事例をご紹介

    不動産購入・売却注意点

  • 住み替えを同時進行とは?メリットとデメリットについてご紹介の画像

    住み替えを同時進行とは?メリットとデメリットについてご紹介

    不動産購入・売却注意点

もっと見る