不動産の購入時には欠かせない基礎知識!団体信用生命保険とは?

不動産購入・売却注意点

不動産の購入時には欠かせない基礎知識!団体信用生命保険とは?

金融機関から融資を受けて住宅などを購入する場合、団体信用生命保険への加入がほぼ欠かせません。
一般的に「団信」とよく呼ばれるもので、資金を借りて住まいなどを購入する方の多くが利用しています。
どのような保険なのか、加入する際の利点や注意点は何か、不動産の購入を検討している方に向けてご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産購入時には加入がほぼ欠かせない!団体信用生命保険とは

団体信用生命保険とは、たとえば債務を残したまま契約者が亡くなった場合などに、残債が保険金で清算される保険のことです。
死亡のほか、病気や怪我などで高度な障害が残るなど、一般的に返済が難しくなる不幸が契約者の身に起きたときに機能します。
具体的な保障の範囲は団体信用生命保険の種類によって異なり、通常よりも広い範囲をカバーするものもあります。
一般的な生命保険などと同様に、保障の範囲が広いほど日頃の料金が高くなるので、どの種類がもっともお得かは慎重に選ぶことが大切です。
いずれにしてもこれは金融機関にとっても貸し倒れを防ぐための大切な備えであり、融資の条件に入っていることが多いです。
それゆえに、住宅購入資金を借りたい際には何らかの団体信用生命保険への加入がほぼ避けられないため、事前にチェックしておかれるとよいでしょう。

不動産の購入前に知りたい!団体信用生命保険のメリットや注意点

まず注目したい団体信用生命保険のメリットは、ローンの契約者が死亡する、もしくは重い障害が残るなどした際、そのご家族の方が債務を負わずに済む点です。
予測できない重い病気などは返済が滞っても仕方のない事態ではありますが、残念ながらそれのみでは通常免責されません。
ほかに備えがなければ、ご自宅を売却するなどして資金を作らねばならないうえ、それでも残債があればご家族の方が返済を続ける必要があります。
ここで団体信用生命保険があれば残債が清算され、上記のようなことが起こらないので、安心して生活できます。
このメリットの一方、保険金が下りる条件は事前に定められており、それ以外の状況ではたとえ返済不能に陥っていても残債が清算されない点には注意が必要です。
減収や失業など、債務者に健康上の問題が起きていないときはもちろんのこと、たとえ病気や怪我でも保障対象外のものなら、残債は清算されません。
保障内容は事前に確認し、備えたいリスクをしっかりカバーする種類を選んでください。
なお、加入にあたっては健康状態をチェックされ、その結果によっては利用できない場合がありえることも知っておきたい注意点です。

まとめ

ご紹介したように、住宅購入資金を借りたい場合は、金融機関から団体信用生命保険への加入を義務付けられがちです。
借り入れをする方にも十分なメリットがあるため、基本や注意点、細かい保障内容などはしっかり確認したうえで、加入を検討するようにしましょう。
高知市の新築購入・不動産売却は有限会社パークホーム
お客様の住まい探しをサポートいたします!
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

”不動産購入・売却注意点”おすすめ記事

  • 住み替えで不動産が売れない理由は何?事前のリスク回避方法や対処法を解説の画像

    住み替えで不動産が売れない理由は何?事前のリスク回避方法や対処法を解説

    不動産購入・売却注意点

  • 一戸建てを購入したい方におすすめ!「買取再販住宅」のメリットとは?の画像

    一戸建てを購入したい方におすすめ!「買取再販住宅」のメリットとは?

    不動産購入・売却注意点

  • 年金受給者が不動産売却すると支給額が減額される?注意点も解説の画像

    年金受給者が不動産売却すると支給額が減額される?注意点も解説

    不動産購入・売却注意点

  • 中古マンションの選び方のポイントとは?耐震基準や修繕積立金も含めご紹介の画像

    中古マンションの選び方のポイントとは?耐震基準や修繕積立金も含めご紹介

    不動産購入・売却注意点

  • 固定資産税の建て替え特例とは?適用要件や二世帯住宅の事例をご紹介の画像

    固定資産税の建て替え特例とは?適用要件や二世帯住宅の事例をご紹介

    不動産購入・売却注意点

  • 住み替えを同時進行とは?メリットとデメリットについてご紹介の画像

    住み替えを同時進行とは?メリットとデメリットについてご紹介

    不動産購入・売却注意点

もっと見る