不動産の購入をご検討中の20代の方必見!後悔しないための注意点

不動産購入・売却注意点

不動産の購入をご検討中の20代の方必見!後悔しないための注意点

20代で不動産を購入したいとお考えの方は、思っているよりも多いのが現状です。
資産として何も残らない家賃の支払いをもったいなく感じ、「不動産を購入したほうがいいのでは」と考える方が多いのかもしれません。
また結婚や子どもの誕生が、不動産購入のきっかけになる場合もあります。
この記事では、20代の方が不動産を購入する際に、知っておくべきメリットと注意点をご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

20代の不動産購入におけるメリットとは?

何といっても、20代でローンを組むと、若いうちに返済が完了できるのがメリットと言えます。
老後になっても家に不満がなければ、結果的に良い買い物をしたことになるでしょう。
住居に関しての不安がないため、自分の家で経済的にゆとりがある生活を楽しめるからです。
20代で選ぶ不動産は、一人暮らしもしくは二人なので、それほど広い物件を必要としない場合が多く、比較的低価格の物件を選べます。
そのため、月々の返済額もそれほど高くはならず、将来年収が増えていけば支払いが楽になっていくでしょう。
購入者のなかには、不動産投資と捉えている方も多い傾向にあります。

20代の不動産購入における注意点とは?

本人の返済能力を調査するため、住宅ローンを借りる際は年収や勤続年数、健康状態などの事前審査があります。
社会人経験が浅く、年収もそれほど高くない20代の方は、厳しめにチェックされる傾向にあるでしょう。
借りられたとしても年収に対応するので、借入額はそれほど高額にならないのが一般的です。
また、事情により自分が住めなくなった場合に、他人に貸せないことも注意しなくてはなりません。
もともと、住宅ローンの条件はローンを支払っている人が住むことです。
そのため、転勤などの理由で自分が住めなくなった場合でも、ローンの支払い中は他人に貸せません。
他人に貸して利益を得るためには、金利の高いローンを組み直すか、一括して返済しなくてはならなくなる可能性があります。
このようなことを考えると、転勤が多い会社で働いている方は、今の時点で不動産購入は控えたほうがいいかもしれません。
このように、転勤をはじめ転職や結婚など、人生は何が起こるかわからないものです。
人生の岐路に立ったとき、不動産の購入が足かせになる可能性があるかもしれません。
最後の注意点はコストの問題です。
不動産購入の際は、月々借りた金額を返済すればいいだけではありません。
マンションであれば、毎月の管理費がかかります。
また、毎年の固定資産税がかかることも念頭においておく必要があります。

まとめ

20代で不動産を購入する際は、ローンが通ったとしても、さまざまな問題があります。
単身の方が購入する際は、自分の未来を考慮した慎重な判断が必要です。
一方で、転勤のない職業で特に子どもがいる方は、子育てしやすい環境を考慮した物件を購入することで、地に足が着いた生活を送れるでしょう。
高知市の新築購入・不動産売却は有限会社パークホーム
お客様の住まい探しをサポートいたします!
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

”不動産購入・売却注意点”おすすめ記事

  • 住み替えで不動産が売れない理由は何?事前のリスク回避方法や対処法を解説の画像

    住み替えで不動産が売れない理由は何?事前のリスク回避方法や対処法を解説

    不動産購入・売却注意点

  • 一戸建てを購入したい方におすすめ!「買取再販住宅」のメリットとは?の画像

    一戸建てを購入したい方におすすめ!「買取再販住宅」のメリットとは?

    不動産購入・売却注意点

  • 年金受給者が不動産売却すると支給額が減額される?注意点も解説の画像

    年金受給者が不動産売却すると支給額が減額される?注意点も解説

    不動産購入・売却注意点

  • 中古マンションの選び方のポイントとは?耐震基準や修繕積立金も含めご紹介の画像

    中古マンションの選び方のポイントとは?耐震基準や修繕積立金も含めご紹介

    不動産購入・売却注意点

  • 固定資産税の建て替え特例とは?適用要件や二世帯住宅の事例をご紹介の画像

    固定資産税の建て替え特例とは?適用要件や二世帯住宅の事例をご紹介

    不動産購入・売却注意点

  • 住み替えを同時進行とは?メリットとデメリットについてご紹介の画像

    住み替えを同時進行とは?メリットとデメリットについてご紹介

    不動産購入・売却注意点

もっと見る