不動産売却の引き渡し当日の流れと必要書類を解説

不動産購入・売却注意点

不動産売却の引き渡し当日の流れと必要書類を解説

たくさんの工程を経ていよいよ迎える不動産の引き渡し当日、スムーズに手続きを進めるために、当日の一般的な流れや必要書類を準備しておくことは大切です。
もしも準備不足や不備があれば、買主や仲介業者からの信頼を失ったり、取引が中断してしまったりするなどのトラブルになる可能性もあります。
そこで今回は、決済や引き渡しなどの当日の流れと必要な書類について解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産売却の引き渡し当日の流れ

まず引き渡し当日の参加者は、売主や買主のほか、それぞれの仲介業者や銀行担当者、司法書士が一般的と言われています。
関係者がすべて揃った状態で最初におこなわれるのは、本人確認と書類の確認で、そのあと金銭の授受がおこなわれます。
この時、買主から売主への残代金の支払いと、買主による住宅ローンの利用があれば融資が実行され、固定資産税などの税金や各種精算金の授受もおこなわれるのです。
金銭の授受があることは当然領収書の発行もあるので、仲介業者と売主どちらが準備しておくのかを事前に話し合っておきましょう。
決済が終われば必要書類や鍵、設備類の取扱説明書などを買主へ渡します。
引き渡しが問題なく終了したら、仲介業者や司法書士への手数料を支払い、最終確認をして引き渡し当日の行程は終了です。

不動産売却の引き渡し当日に必要な書類

引き渡し当日に必要な書類として一般的なものは、登記関係の書類、残代金や清算金の領収書、管理規約や設備類の取扱説明書などの引き渡し書類です。
引き渡し当日に決済から引き渡しまでスムーズに手続きを進めるためには、すべての必要書類を不備なく準備しておく必要があります。
とくに登記関係の書類や領収書は、それが引き渡せない時点で取引がストップしてしまう場合があり、時間を取ってその場に臨んでいる関係者に迷惑をかけますし、買主からの信頼も損ないかねません。
また不動産売却にはあらゆるケースがあり、一般的な書類以外にも準備しておくべきものが存在する場合があります。
仲介業者と事前にしっかりと打ち合わせをし、その日1日ですべての手続きを終えられるように、丁寧に準備することが大切です。
また書類と同様、実印や手数料などその日に必要なものも忘れずに持参しましょう。

まとめ

不動産売却の引き渡し当日は、複数の関係者が一堂に会する場でもあります。
書類の不備や準備漏れなどがあれば、場合によっては後日改めて集まらなければならず、迷惑をかけてしまいます。
あらかじめ不動産の仲介業者や銀行の担当者、司法書士などと綿密にやり取りをし、アドバイスを求めながら抜かりなく準備しましょう。
高知市の新築購入・不動産売却は有限会社パークホーム
お客様の住まい探しをサポートいたします!
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

”不動産購入・売却注意点”おすすめ記事

  • 住み替えで不動産が売れない理由は何?事前のリスク回避方法や対処法を解説の画像

    住み替えで不動産が売れない理由は何?事前のリスク回避方法や対処法を解説

    不動産購入・売却注意点

  • 一戸建てを購入したい方におすすめ!「買取再販住宅」のメリットとは?の画像

    一戸建てを購入したい方におすすめ!「買取再販住宅」のメリットとは?

    不動産購入・売却注意点

  • 年金受給者が不動産売却すると支給額が減額される?注意点も解説の画像

    年金受給者が不動産売却すると支給額が減額される?注意点も解説

    不動産購入・売却注意点

  • 中古マンションの選び方のポイントとは?耐震基準や修繕積立金も含めご紹介の画像

    中古マンションの選び方のポイントとは?耐震基準や修繕積立金も含めご紹介

    不動産購入・売却注意点

  • 固定資産税の建て替え特例とは?適用要件や二世帯住宅の事例をご紹介の画像

    固定資産税の建て替え特例とは?適用要件や二世帯住宅の事例をご紹介

    不動産購入・売却注意点

  • 住み替えを同時進行とは?メリットとデメリットについてご紹介の画像

    住み替えを同時進行とは?メリットとデメリットについてご紹介

    不動産購入・売却注意点

もっと見る