親子で住む不動産の購入を検討しているなら知っておきたい親子リレーローンの概要とは?

不動産購入・売却注意点

親子で住む不動産の購入を検討しているなら知っておきたい親子リレーローンの概要とは?

今回は、親子で住む不動産の購入を検討している人にぜひ知っておいてもらいたい「親子リレーローン」について解説します。
親子リレーローンとはどんなものなのか、親子リレーローンを利用するメリットおよびデメリットは何かなど、知っておきたいポイントを見ていきますのでぜひ参考にしてください。

弊社へのお問い合わせはこちら

親子で住む不動産を購入するなら検討の価値あり?親子リレーローンとは

親子で住む不動産購入を検討している人に、住宅ローンの選択肢のひとつとして紹介したいのが、親子リレーローンです。
親子リレーローンとは、ひとつの住宅ローンを利用して、それを親子2世代にわたってリレー形式で返済していく、というものです。
最初に返済するのは親世代、そして親世代の返済期間が終わった後は子世代が返済、という流れになります。
ちなみに「親子リレーローンは取り扱っていない」という金融機関も少なくありませんので、親子リレーローンを利用したい場合は、まずは親子リレーローンを取り扱っている金融機関を見つけるところから始めましょう。

不動産購入にあたって親子リレーローンを選択することのメリット

不動産購入にあたって利用する住宅ローンとして、親子リレーローンを選択するといくつかのメリットが得られます。
おもなメリットは以下のとおりです。

●1世代だけで借りるよりも借入可能金額が大きくなる
●2世代にわたってリレー形式で返済をするだけに、返済期間も長く設定できる
●親世代が比較的高齢でも借りやすい
●親子ともに住宅ローン控除を受けることができる

不動産購入にあたって親子リレーローンを選択することのデメリット

不動産購入にあたっての住宅ローンとして親子リレーローンを利用することにはデメリットもあります。
おもなデメリットは以下のとおりです。

●ほとんどの親子リレーローンは「団信の加入は子世代のみ」となるため、親が早くに亡くなるなどすると、子世代の返済負担が重くなる
●親子リレーローンを利用した場合、その不動産は親と子の共同保有となるが、親が亡くなった時は親の保有分が相続税の対象となる
●不動産が共同保有となるため、親が亡くなった際の相続がややこしく、他の相続人とトラブルになることもある
●親の返済期間中は、子は連帯債務者となるため「返済負担がないうちに別のローンを組もう」と思っても困難になる


上記のようにメリットもあれば先々のことまで考えておかないと困った事態になる可能性もあります。
さまざまな可能性を考慮しながらリスクの少ない選択をすることが大切になってくるのではないでしょうか。

まとめ

親子2世代にわたってリレー形式でひとつの住宅ローンを返済していくという親子リレーローンは、親子で住む不動産購入を検討している人にとって有力な選択肢のひとつです。
ただし、メリットばかりではなくデメリットもありますので「大きな金額を借りられるから、長い返済期間にできるから」という理由だけで安易に決めず、慎重に検討しましょう。
高知市の新築購入・不動産売却は有限会社パークホーム
お客様の住まい探しをサポートいたします!
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

”不動産購入・売却注意点”おすすめ記事

  • 住み替えで不動産が売れない理由は何?事前のリスク回避方法や対処法を解説の画像

    住み替えで不動産が売れない理由は何?事前のリスク回避方法や対処法を解説

    不動産購入・売却注意点

  • 一戸建てを購入したい方におすすめ!「買取再販住宅」のメリットとは?の画像

    一戸建てを購入したい方におすすめ!「買取再販住宅」のメリットとは?

    不動産購入・売却注意点

  • 年金受給者が不動産売却すると支給額が減額される?注意点も解説の画像

    年金受給者が不動産売却すると支給額が減額される?注意点も解説

    不動産購入・売却注意点

  • 中古マンションの選び方のポイントとは?耐震基準や修繕積立金も含めご紹介の画像

    中古マンションの選び方のポイントとは?耐震基準や修繕積立金も含めご紹介

    不動産購入・売却注意点

  • 固定資産税の建て替え特例とは?適用要件や二世帯住宅の事例をご紹介の画像

    固定資産税の建て替え特例とは?適用要件や二世帯住宅の事例をご紹介

    不動産購入・売却注意点

  • 住み替えを同時進行とは?メリットとデメリットについてご紹介の画像

    住み替えを同時進行とは?メリットとデメリットについてご紹介

    不動産購入・売却注意点

もっと見る