マイホーム購入時に活用できるフラット35とは?利用する条件を知りたい!

不動産購入・売却注意点

マイホーム購入時に活用できるフラット35とは?利用する条件を知りたい!

マイホームを購入する際は、大半の方が住宅ローンを利用されるでしょう。
しかし、病歴などの理由で住宅ローンの審査を通過できないのではないかと不安を抱く方がいると思います。
この記事では、フラット35について解説するので、高知市周辺でマイホームの購入を検討している方はぜひ最後までご覧ください。

弊社へのお問い合わせはこちら

マイホーム購入時に利用するフラット35とは?

フラット35とは、固定金利型の住宅ローンで住宅金融支援機構と民間金融機関が提携して扱っています。
主に、マイホームの購入や新築する方に適していますが、リフォームをする方なども利用できる内容です。
フラット35についてわかりやすく述べると、返済期間は35年で、保証人が不要な特徴を持ちます。
また、質の高い住宅を取得する場合には、フラット35sを利用できます。
フラット35sとは、5年または10年の間金利が0.25%下げられる商品です。
マイホームの種類ごとに適する商品があるので、よく検討してみましょう。

フラット35を利用してマイホームを購入する際の審査条件

まず、年間の返済負担額が基準値以下であることです。
年収400万円未満の方は30%以下、400万円以上の方は35%以下と定められています。
この他契約者に関しては、日本国籍を有していることや、申し込み時に70歳以上であることも条件です。
また、フラット35から借りられる資金は、本人かその親族が居住するための住宅のみ使用できます。
住宅に関しては、住宅金融支援機構が定めた基準を満たしていることが条件です。
なお、長期優良住宅などの場合は、フラット35sを利用すると一定期間金利を引き下げられます。

フラット35の利用にはデメリットも?マイホーム購入時の注意点

フラット35のデメリットは、頭金が1割未満だと金利が高くなってしまうことです。
借り入れ期間が15年から20年の場合で比較すると、頭金1割以上の金利が年1.380%に対して、1割未満の金利は年1.640%と差が見られます。
また、フラット35は必ず融資手数料が発生します。
融資手数料は、借り入れ額や金融機関によって異なりますが、初期費用と同様の扱いとしてあらかじめ準備しておくようにしましょう。
この他、フラット35を利用するには書類が必要で、費用と手間がかかることがデメリットです。
取得したマイホームがフラット35の要件を満たすことを証明するために、適合証明書を提出します。
なお、適合証明書を発行するには費用と時間がかかります。
このようなデメリットが気にならない方は、フラット35の利用がおすすめです。

まとめ

フラット35は、住宅ローンの借り入れ期間はずっと固定金利で利用できます。
条件とデメリットを踏まえて、利用を検討してみてはいかがでしょうか。
高知市の新築購入・不動産売却は有限会社パークホーム
お客様の住まい探しをサポートいたします!
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

有限会社パークホームへの問い合わせはこちら


有限会社パークホーム スタッフブログ編集部

高知市でなかなか希望に合う物件が見つからない、そんな方は有限会社パークホームまでご連絡ください。当社スタッフが、皆様のご要望に合う物件をご提案いたします。様々なご希望に合った物件探しのお手伝いをするため賃貸物件等に関する記事をご提供します。


”不動産購入・売却注意点”おすすめ記事

  • 住み替えで不動産が売れない理由は何?事前のリスク回避方法や対処法を解説の画像

    住み替えで不動産が売れない理由は何?事前のリスク回避方法や対処法を解説

    不動産購入・売却注意点

  • 一戸建てを購入したい方におすすめ!「買取再販住宅」のメリットとは?の画像

    一戸建てを購入したい方におすすめ!「買取再販住宅」のメリットとは?

    不動産購入・売却注意点

  • 年金受給者が不動産売却すると支給額が減額される?注意点も解説の画像

    年金受給者が不動産売却すると支給額が減額される?注意点も解説

    不動産購入・売却注意点

  • 中古マンションの選び方のポイントとは?耐震基準や修繕積立金も含めご紹介の画像

    中古マンションの選び方のポイントとは?耐震基準や修繕積立金も含めご紹介

    不動産購入・売却注意点

  • 固定資産税の建て替え特例とは?適用要件や二世帯住宅の事例をご紹介の画像

    固定資産税の建て替え特例とは?適用要件や二世帯住宅の事例をご紹介

    不動産購入・売却注意点

  • 住み替えを同時進行とは?メリットとデメリットについてご紹介の画像

    住み替えを同時進行とは?メリットとデメリットについてご紹介

    不動産購入・売却注意点

もっと見る