住み替えで資金計画を立てるときのポイントとは?注意点もご紹介

不動産売買

住み替えで資金計画を立てるときのポイントとは?注意点もご紹介

マイホームの住み替えを検討するときは、資金計画を立てることが重要です。
無計画や誤った資金計画を立ててしまうと、良い住み替え先が見つかっても「資金不足」「住宅ローンの返済がきつい」という事態になりかねません。
今回は、住み替えで資金計画を立てるときのポイントと注意点をご紹介します。
マイホームの住み替えを検討されている方は、ぜひ参考にしてください。

弊社へのお問い合わせはこちら

住み替えで資金計画を立てるときに確認するべき金額とは?

住み替えで資金計画を立てるときに確認するべき金額は、住宅ローンの残債・不動産売却価格・自己資金です。
不動産売却価格を知ることで、住宅ローンの返済が完済できるかの確認ができます。
この不動産売却で得た資金で住宅ローンの完済ができれば良いですが、できない場合は自己資金を返済にあてなければなりません。
このような場合を想定し、自己資金の金額を確認しておきましょう。
まず住み替えにをするにあたって誤った資金計画を立てないためにも、住宅ローンの残債・不動産売却価格・自己資金の金額を確認することが大切です。

住み替えにおける資金計画のポイントとは?

住み替えにおける資金計画のポイントは住宅ローンの返済額・購入資金・生活予備費です。
まず住宅ローンの返済額ですが、現在の収入ではなく、将来に渡って支払える金額にしましょう。
年間返済額は年収の25%が一つの目安です。
借り入れ期間は完済時年齢が80歳未満の場合、最長50年の契約ができます。
しかし、上限で借りると退職後の返済がきつくなることもあるので、借り入れ額も含め上限にしないようにしましょう。
理想の完済年齢は65歳と言われています。
そして、万が一に備えて3~6か月ほどの生活予備費を貯蓄しておくと安心です。

住み替えパターンで異なる資金計画の注意点とは?

住み替えには「買い先行」「売り先行」のふたつのパターンがあります。
買い先行とは、先に住み替え先の住居を購入することです。
そして、売り先行は先に現住居を売却することです。
このふたつのパターンには、異なる資金計画の注意点があります。
買い先行の注意点は、現住居と住み替え先のローンの支払いが重複するダブルローンになる可能性があることです。
そして、売り先行の注意点は、住み替え先の住居が決まるまで仮住まいの費用が発生し、引っ越しも2回することになり費用がかさんでしまうことです。
どちらのパターンでも注意点をふまえ資金計画を立てましょう。

まとめ

今回は、住み替えで資金計画を立てるときのポイントと注意点をご紹介しました。
住み替えをおこなう際には不動産売却や購入、諸費用など多額の資金が必要となります。
住み替え後の生活に余裕を持つためにも、貯金のすべてを住み替え資金に充てるのではなく、しっかりと資金計画を立てることが重要です。
高知市の新築購入・不動産売却は有限会社パークホーム
お客様の住まい探しをサポートいたします!
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

有限会社パークホームへの問い合わせはこちら


有限会社パークホーム スタッフブログ編集部

高知市でなかなか希望に合う物件が見つからない、そんな方は有限会社パークホームまでご連絡ください。当社スタッフが、皆様のご要望に合う物件をご提案いたします。様々なご希望に合った物件探しのお手伝いをするため賃貸物件等に関する記事をご提供します。


”不動産売買”おすすめ記事

  • 建売住宅を購入する前に知っておくべき性能や住環境のチェックポイントとは?の画像

    建売住宅を購入する前に知っておくべき性能や住環境のチェックポイントとは?

    不動産売買

  • 不動産の親族間売買とは?一般的な売買との違いや適正価格の決め方を解説!の画像

    不動産の親族間売買とは?一般的な売買との違いや適正価格の決め方を解説!

    不動産売買

もっと見る