建売住宅の購入にかかる諸費用の内訳とは?

不動産購入・売却注意点

建売住宅の購入にかかる諸費用の内訳とは?

建売住宅を購入する際に、建物と土地代以外にも諸費用が必要となります。
購入を検討する際には、購入金額以外にも保険料や税金、各種手続きにかかる手数料など、どのくらい準備しておくと良いのかわからないかもしれません。
今回は、建売住宅を購入した際に必要な諸費用の内訳や節約方法についてご紹介していきます。

弊社へのお問い合わせはこちら

建売住宅を購入する際にかかる諸費用の内訳とは?

建売住宅を購入する際にかかる諸費用の目安は、購入代金の5~10%となります。
購入代金は住宅ローンなどにより支払うことが可能ですが、諸費用は現金で支払う必要があるため前もって準備しておく必要があります。
購入前にかかる費用としては主に手付金と印紙税の2種類です。
手付金とは、物件購入の契約の成立した際の証拠として、購入希望者が売主に支払うお金です。
購入代金の5〜10%が手付金となるために事前準備しておきましょう。
印紙税は課税文書に課される税金で、文書に記載されている金額によって異なります。
購入時にかかる費用は、仲介手数料、不動産取得税、登録免許税などがかかります。
仲介手数料は金額の上限が決められており、物件価格×3%+ 6万円+消費税で計算が可能です。
不動産取得税は、不動産を取得したときに発生する税金で住宅は軽減措置が適用され、場合によっては0円になります。
建売住宅の購入時には、所有権移転登記の手続きが必要です。
土地と建物のそれぞれに対して、登録免許税が発生します。

▼この記事も読まれています
戸建てにおけるオーバーハング!概要やメリット・デメリットとは?

建売住宅を購入する際の諸費用の節約方法とは?

諸費用のなかには、固定で決まっている金額の他に変動する金額があります。
諸費用を抑えるためには、変動する部分を抑える必要があります。
住宅ローンを利用する場合、手数料や保証料が発生しますが、金融機関によって費用が異なるため、複数の金融機関を比較すると良いでしょう。
諸費用が安いからといって、金利が高い場合は最終的にコストが高くなってしまうため、総返済額を含めて検討する必要があります。
また、火災保険料は補償内容によって金額が異なります。
不要な特約を外すことでさらに金額が抑えられるため、費用を抑えたい場合には確認してみると良いでしょう。
諸費用を抑える方法としては一括払いで保険料を支払うことも対策の1つです。
仲介手数料は下限が決まっていません。
そのため、不動産会社によって費用を抑えてもらえる可能性があります。

まとめ

建売住宅を購入した際に必要な諸費用の内訳や節約方法についてご紹介してきました。
購入代金の5〜10%が必要になるため、事前に準備が必要です。
また、火災保険料や仲介手数料などで初期費用を抑える方法もあるため、不要な特約を外すなど対策してみると良いでしょう。
高知市の新築購入・不動産売却は有限会社パークホーム
お客様の住まい探しをサポートいたします!
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

有限会社パークホームへの問い合わせはこちら


有限会社パークホーム スタッフブログ編集部

高知市でなかなか希望に合う物件が見つからない、そんな方は有限会社パークホームまでご連絡ください。当社スタッフが、皆様のご要望に合う物件をご提案いたします。様々なご希望に合った物件探しのお手伝いをするため賃貸物件等に関する記事をご提供します。


”不動産購入・売却注意点”おすすめ記事

  • 住み替えで不動産が売れない理由は何?事前のリスク回避方法や対処法を解説の画像

    住み替えで不動産が売れない理由は何?事前のリスク回避方法や対処法を解説

    不動産購入・売却注意点

  • 一戸建てを購入したい方におすすめ!「買取再販住宅」のメリットとは?の画像

    一戸建てを購入したい方におすすめ!「買取再販住宅」のメリットとは?

    不動産購入・売却注意点

  • 年金受給者が不動産売却すると支給額が減額される?注意点も解説の画像

    年金受給者が不動産売却すると支給額が減額される?注意点も解説

    不動産購入・売却注意点

  • 中古マンションの選び方のポイントとは?耐震基準や修繕積立金も含めご紹介の画像

    中古マンションの選び方のポイントとは?耐震基準や修繕積立金も含めご紹介

    不動産購入・売却注意点

  • 固定資産税の建て替え特例とは?適用要件や二世帯住宅の事例をご紹介の画像

    固定資産税の建て替え特例とは?適用要件や二世帯住宅の事例をご紹介

    不動産購入・売却注意点

  • 住み替えを同時進行とは?メリットとデメリットについてご紹介の画像

    住み替えを同時進行とは?メリットとデメリットについてご紹介

    不動産購入・売却注意点

もっと見る