一人暮らしで暖房は何度からつける?設定温度の目安や節約術を解説!

住宅 建物

一人暮らしで暖房は何度からつける?設定温度の目安や節約術を解説!

一人暮らしをしていて肌寒く感じる季節になると、そろそろ部屋の暖房をつけようかと考えるかと思います。
一般的には、何月から暖房を使用するのか、また気温は何度から使用するのが良いのでしょうか。
今回は、暖房は何月から・気温は何度から使用するのが良いのか、設定温度の目安、一人暮らしにおける暖房の節約術を解説します。

有限会社パークホームへのお問い合わせはこちら


一人暮らしの暖房は何月からつけるのがおすすめ?気温の目安は何度から?

全国地球温暖化防止活動推進センターが地域別に実施した調査(平成29年3月)では、10月から暖房を使用する方がもっとも多い結果となっています。
「北海道、青森、秋田、岩手」など寒さが厳しい地域では10月下旬から「宮崎、鹿児島、沖縄」などの暖かい地域では11月下旬から使い始める方が多いようです。
暖房を使い始める時期は地域ごとの差がありますが、平均的な時期は11月と考えておくと良いです。
また、年によって差はあるものの、11月の全国の平均気温は15℃以下となっています。
暖房は何度から使い始めるかに明確な基準はありませんが、気温15℃をひとつの目安とすることをおすすめします。

▼この記事も読まれています
賃貸物件の共用部分について解説!共用部分とは何?

一人暮らしの暖房の設定温度は何度からが目安になる?

人によって快適に感じる温度は違うものの、一般的には20℃前後が推奨されています。
リビングなど居室スペースは20℃、寝室は16~20℃に設定するのが理想的です。
20℃では寒く感じる方は、断熱カーテンや断熱シートを使用して窓の断熱性能を上げるよう工夫してみましょう。
また、湿度が高いほど体感温度は上がるため、加湿器を使うこともおすすめします。
加湿器をお持ちでない場合は、室内に洗濯物を干すだけでも湿度を上げる効果は十分にあります。

▼この記事も読まれています
賃貸物件の鍵を紛失した場合はどうする?とるべき対応や費用相場について解説

一人暮らしの方必見!暖房の節約術!

まず、暖房の運転モードは自動運転に設定しましょう。
自動運転モードであればもっとも効率の良い暖房サイクルを自動でおこなってくれるので、電気代の節約につながります。
暖房の風向きを下向きに設定することも節約に有効です。
これは、暖かい空気は上に、冷たい空気は下に溜まりやすい性質があるためです。
また、こまめに電源を入り切りするよりも、暖房はつけっぱなしにするほうが電気代は安くなります。
30分程度の短時間であれば、電源を切らずにつけっぱなしにしたほうが節電につながります。

▼この記事も読まれています
賃貸物件に表札を出すことのメリットデメリットや表札の付け方を紹介

まとめ

一人暮らしで何月から・何度から暖房を使うのかに明確な基準はありませんが、11月・15℃がひとつの目安となります。
一般的には、暖房の設定温度は20℃が推奨されていますが、寒く感じる方は断熱カーテンや断熱シートを利用すると良いです。
高知市の新築一戸建なら有限会社パークホームへ。
お客様の住まい探しをサポートいたします!

有限会社パークホームへのお問い合わせはこちら


有限会社パークホームの写真

有限会社パークホーム スタッフブログ編集部

高知市でなかなか希望に合う物件が見つからない、そんな方は有限会社パークホームまでご連絡ください。当社スタッフが、皆様のご要望に合う物件をご提案いたします。様々なご希望に合った物件探しのお手伝いをするため賃貸物件等に関する記事をご提供します。


”住宅 建物”おすすめ記事

  • 建売住宅の維持費の種類・平均額・抑える方法をご紹介!の画像

    建売住宅の維持費の種類・平均額・抑える方法をご紹介!

    住宅 建物

  • 土砂災害警戒区域とは?指定された土地への影響をご紹介の画像

    土砂災害警戒区域とは?指定された土地への影響をご紹介

    住宅 建物

  • ZEH住宅とは?購入するメリットや補助金制度についてご紹介!の画像

    ZEH住宅とは?購入するメリットや補助金制度についてご紹介!

    住宅 建物

  • 一戸建ての庭で地面の素材ごとのメリットとデメリットをご紹介!の画像

    一戸建ての庭で地面の素材ごとのメリットとデメリットをご紹介!

    住宅 建物

  • 住宅を建築する際に知っておきたい3つの儀式の基礎知識の画像

    住宅を建築する際に知っておきたい3つの儀式の基礎知識

    住宅 建物

  • 結露しやすい物件の不動産売却の方法とは?結露の原因やデメリットもご紹介の画像

    結露しやすい物件の不動産売却の方法とは?結露の原因やデメリットもご紹介

    住宅 建物

もっと見る