意外に税金がかかる?不動産購入にかかる税金の種類とは?

不動産購入・売却注意点

意外に税金がかかる?不動産購入にかかる税金の種類とは?

マイホームなどの不動産を購入するときにその本体の価格以外にさまざまな税金がかかります。
そのため資金計画を立てる際には、かかる税金についても把握しておくと安心です。
今回は不動産購入を検討されている方に向けて不動産を買うときに必要な税金の種類についてご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産購入でかかる税金は?消費税はかかる?

私たちの生活にも身近な消費税は、不動産購入の際も関係があります。
消費税は買い物するときにかかる税金ですので、不動産の購入も例外ではありません。
消費税はマイホームを購入する際の税金のなかでも特に大きな金額になっています。
消費税は住宅用の土地にはかかりませんが、建物価格に課税されます。
現在消費税は10パーセントなので、例えば不動産の建物価格2000万円であれば200万円消費税が課税されるのです。
なかなか大きな額なので事前に資金計画に折り込んでおく必要がありますね。
さらに消費税は不動産会社に支払う仲介手数料にかかります。
なお親族などから中古住宅を購入する場合は、消費税はかかりません。

印紙税とは?消費税以外で不動産購入にかかる税金

マイホームを購入するときには消費税以外にもさまざまな税金がかかります。
まずは印紙税ですが、これは契約書や領収書などを作成したときに課税される税金です。
マイホーム購入では売買契約書やローン契約書などが必要になるので、その際に収入印紙を貼って印紙税を支払います。
印紙税の額は契約書に書かれている金額に比例しますが、一般的な住宅購入では数万円程度でしょう。
次に紹介する登録免許税は、マイホーム購入に欠かせない登記に関係する税金です。
登録免許税は土地の移転や抵当権の設定などによってそれぞれ課税され、建物の評価額やローン借入額によって異なります。
評価の高い新築マンションや新築一戸建ての場合高額になりやすいですが、軽減措置を受けることもできます。
最後に紹介するのが不動産取得税です。
不動産取得税はその名前の通り不動産の取得に対して課される税金で、固定資産税評価額の4%分課税されます。
不動産取得税も一定の条件を満たせば軽減措置を受けられ、結果的にゼロになることも少なくありません。

まとめ

今回は不動産購入を検討されている方に向けて不動産を買うときに必要な税金の種類についてご紹介しました。
不動産購入ではさまざまな諸経費がかかりますが、特に税金関係はすべてまとめると高額になります。
ほとんどが税率をかけて計算できるので大まかに把握しておいて、軽減措置なども忘れずに受けましょう。
高知市の新築購入・不動産売却は有限会社パークホーム
お客様の住まい探しをサポートいたします!
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

”不動産購入・売却注意点”おすすめ記事

  • 住み替えで不動産が売れない理由は何?事前のリスク回避方法や対処法を解説の画像

    住み替えで不動産が売れない理由は何?事前のリスク回避方法や対処法を解説

    不動産購入・売却注意点

  • 一戸建てを購入したい方におすすめ!「買取再販住宅」のメリットとは?の画像

    一戸建てを購入したい方におすすめ!「買取再販住宅」のメリットとは?

    不動産購入・売却注意点

  • 年金受給者が不動産売却すると支給額が減額される?注意点も解説の画像

    年金受給者が不動産売却すると支給額が減額される?注意点も解説

    不動産購入・売却注意点

  • 中古マンションの選び方のポイントとは?耐震基準や修繕積立金も含めご紹介の画像

    中古マンションの選び方のポイントとは?耐震基準や修繕積立金も含めご紹介

    不動産購入・売却注意点

  • 固定資産税の建て替え特例とは?適用要件や二世帯住宅の事例をご紹介の画像

    固定資産税の建て替え特例とは?適用要件や二世帯住宅の事例をご紹介

    不動産購入・売却注意点

  • 住み替えを同時進行とは?メリットとデメリットについてご紹介の画像

    住み替えを同時進行とは?メリットとデメリットについてご紹介

    不動産購入・売却注意点

もっと見る