不動産を購入するベストなタイミングとは?

不動産購入・売却注意点

不動産を購入するベストなタイミングとは?

いつかは夢のマイホームを手に入れたい、または、マイホーム購入を目指し、すでに動き出しているという方は多いでしょう。
しかし、大多数の人にとって家の購入は人生においてもっとも大きな買い物です。
そのため慎重になりすぎて、決断すべきタイミングを逃してしまう方が珍しくありません。
今回は、不動産を購入するベストなタイミングはいつなのか、個人的状況と社会的状況の二面からみていきます。

弊社へのお問い合わせはこちら

個人的状況からみる不動産を購入するのにベストなタイミングは?

まずは、不動産購入にベストなタイミングを個人的状況からみていきましょう。

年齢

マイホームを購入する年齢でもっとも多いのが30代~40代前半です。
ほとんどの銀行では、住宅ローンを組める年齢が20歳以上65歳未満とされており、かつ、80歳までに完済することになっています。
また、ローンを借りられる期間は長くて35年です。
定年退職による収入減などを考慮し、遅くとも30代後半~40歳くらいまでには家を購入するかどうか決断するのが望ましいでしょう。

年収・貯金額

マイホーム購入後にローン地獄へ陥ったり、頭金や引っ越し費用でお金が飛び節約生活を強いられたりするリスクを避けるためには、相応の年収と貯金額が重要です。
世帯年収が700万円を超えたタイミング、または、貯金額が1500万円程になったタイミングで購入すれば、その後もゆとりある生活を続けられるでしょう。

ライフイベント

結婚や子供の誕生・進学など、人生の節目で家を購入する方は多いです。
結婚や子供の誕生をきっかけに購入を決断すれば、比較的若いうちから住宅ローンの支払いを始められ、その分完済する年齢も早くなります。
また、将来的な家族構成もイメージしやすいため、間取りや防犯・防音対策の有無など、生活スタイルに合った家を購入できます。

社会的状況からみる不動産を購入するのにベストなタイミングは?

続いて、不動産購入にベストなタイミングを社会的状況からみていきましょう。

金利

家を購入する際に考慮しておくべきものの一つが金利です。
なるべく低金利、1.5%以下のときに購入するのがよいでしょう。
ちなみに、2017年以降は1.5%を切っている状況が続いているので、現在は家を購入するタイミングとしては悪くないといえます。

コロナ禍・オリンピックの影響

コロナ禍による不景気で住宅の購入をためらう人が増えました。
一方、お家時間が増加したことを受け、より快適な家を求める人も増えています。
そのため、今後もコロナ禍の影響で住宅価格が大きく下がることは考えにくい状況です。
また、東京オリンピックを控えていることも問題です。
たとえば、2012年のオリンピック開催地イギリスでは、2012年以降も住宅価格が少しずつ上昇し続けています。
このことから、東京オリンピック終了後は住宅価格が下がる「買い時」がこないかもしれません。
オリンピック終了を待つメリットは少ないといえるでしょう。

まとめ

このように、家を購入するタイミングはさまざまで、「ベスト」はいつなのかは人それぞれで異なります。
さまざまな視点で状況を把握しつつ、理想の家を手に入れましょう。
高知市の新築購入・不動産売却は有限会社パークホーム
お客様の住まい探しをサポートいたします!
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

”不動産購入・売却注意点”おすすめ記事

  • 住み替えで不動産が売れない理由は何?事前のリスク回避方法や対処法を解説の画像

    住み替えで不動産が売れない理由は何?事前のリスク回避方法や対処法を解説

    不動産購入・売却注意点

  • 一戸建てを購入したい方におすすめ!「買取再販住宅」のメリットとは?の画像

    一戸建てを購入したい方におすすめ!「買取再販住宅」のメリットとは?

    不動産購入・売却注意点

  • 年金受給者が不動産売却すると支給額が減額される?注意点も解説の画像

    年金受給者が不動産売却すると支給額が減額される?注意点も解説

    不動産購入・売却注意点

  • 中古マンションの選び方のポイントとは?耐震基準や修繕積立金も含めご紹介の画像

    中古マンションの選び方のポイントとは?耐震基準や修繕積立金も含めご紹介

    不動産購入・売却注意点

  • 固定資産税の建て替え特例とは?適用要件や二世帯住宅の事例をご紹介の画像

    固定資産税の建て替え特例とは?適用要件や二世帯住宅の事例をご紹介

    不動産購入・売却注意点

  • 住み替えを同時進行とは?メリットとデメリットについてご紹介の画像

    住み替えを同時進行とは?メリットとデメリットについてご紹介

    不動産購入・売却注意点

もっと見る