土地購入だけの段階でも利用できる住宅ローンを解説!つなぎ融資と土地先行融資

不動産購入・売却注意点

土地購入だけの段階でも利用できる住宅ローンを解説!つなぎ融資と土地先行融資

不動産の取引市場では、「土地を購入して注文住宅を建てる予定なので住宅ローンを利用したいが、土地を購入するだけの自己資金がない」、「土地購入だけの段階で住宅ローンを利用したい」というニーズは少なからず出てきます。
しかし、こうしたニーズに応えられる住宅ローンは本当にあるのでしょうか?
今回はそんなときに利用できるローンについて解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

土地購入だけでも利用できる住宅ローンその①つなぎ融資

土地購入だけでも住宅ローンは利用できるのか、という疑問についての結論を先にいうと、住宅ローンはあくまで「居住用住宅の資金のためだけに借りられるローン」ですので、土地のみの購入で住宅ローンを利用することはできません。
しかし「土地購入の目的=居住用の住宅を建てるため」というのであれば、土地と住宅をセットと考えて住宅ローンを利用することが可能です。
しかし本来なら、「住宅ローンの融資実行=建物完成後」というのが原則ですので、土地の購入資金は自己資金でまかなう必要があります。
そして「土地を購入できるだけの自己資金が用意できない」という場合に使える融資制度のひとつが、つなぎ融資です。
つなぎ融資は、住宅ローンとは別の融資で「あくまで建物が完成して住宅ローンが借りられるようになるまでのつなぎの期間だけのローン」です。
住宅ローンの融資実行と同時に、つなぎ融資で借りた分は住宅ローンを使って清算されます。
つなぎ融資は借入期間が1年未満という短期間に限定されているケースがほとんどであることと、金利は一般的に住宅ローン金利よりも高くなるという点は注意が必要ですよ。

土地購入だけでも利用できる住宅ローンその②土地先行融資

つなぎ融資が「住宅ローン融資とは別の融資」であるのに対して、土地先行融資は「住宅ローンをまず、購入した土地のみに対して先行融資してもらい、建物が完成したらその分を追加融資してもらう」という融資制度です。
金利は融資実行時の住宅ローン金利が適用されるのが一般的ですのでつなぎ融資よりも金利的にはお得ですが、建物完成時の追加融資でもきちんと審査に通る必要があります。
そのため、この土地先行融資を利用する際は、土地だけでなく建物についての資料提出もしなければいけません。
また、土地先行融資自体を取り扱っていない金融機関も少なからずあるため、この点も注意が必要です。

まとめ

ただ土地を購入するためだけに住宅ローンを利用する、ということは原則としてできませんが、「住宅を建てるための土地購入」であれば、つなぎ融資や土地先行融資という融資制度を利用することも可能です。
どちらも土地購入費を借りられるという点ではありがたい融資制度ですが、それぞれ注意点もありますので慎重に検討してください。
高知市の新築購入・不動産売却は有限会社パークホーム
お客様の住まい探しをサポートいたします!
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

”不動産購入・売却注意点”おすすめ記事

  • 住み替えで不動産が売れない理由は何?事前のリスク回避方法や対処法を解説の画像

    住み替えで不動産が売れない理由は何?事前のリスク回避方法や対処法を解説

    不動産購入・売却注意点

  • 一戸建てを購入したい方におすすめ!「買取再販住宅」のメリットとは?の画像

    一戸建てを購入したい方におすすめ!「買取再販住宅」のメリットとは?

    不動産購入・売却注意点

  • 年金受給者が不動産売却すると支給額が減額される?注意点も解説の画像

    年金受給者が不動産売却すると支給額が減額される?注意点も解説

    不動産購入・売却注意点

  • 中古マンションの選び方のポイントとは?耐震基準や修繕積立金も含めご紹介の画像

    中古マンションの選び方のポイントとは?耐震基準や修繕積立金も含めご紹介

    不動産購入・売却注意点

  • 固定資産税の建て替え特例とは?適用要件や二世帯住宅の事例をご紹介の画像

    固定資産税の建て替え特例とは?適用要件や二世帯住宅の事例をご紹介

    不動産購入・売却注意点

  • 住み替えを同時進行とは?メリットとデメリットについてご紹介の画像

    住み替えを同時進行とは?メリットとデメリットについてご紹介

    不動産購入・売却注意点

もっと見る