マイホームを購入する際に子ども部屋の広さを決めるポイントについて

不動産購入・売却注意点

マイホームを購入する際に子ども部屋の広さを決めるポイントについて

マイホームの購入にあたって、間取りに悩んでいる方は多いでしょう。
せっかくのマイホームであれば、後悔のないように部屋の広さは慎重に決めたいところです。
この記事では、子ども部屋の広さを決めるためのポイントとは何か、についてご紹介します。
子ども部屋が広い場合と狭い場合、それぞれのメリットとデメリットにも触れるので、ぜひ参考にしてください。

弊社へのお問い合わせはこちら

マイホームを購入する際に子ども部屋の広さを決めるポイントとは

マイホームにおける平均的な子ども部屋の広さは6畳です。
6畳だと、ベッドや学習机、タンスといった基本的な家具を設置してもゆとりが感じられ過ごしやすいです。
間取りを考える際にはリビングや水回り、寝室などの広さを優先的に決め、余ったスペースから子ども部屋の広さを考えましょう。
子ども部屋が必要な期間は、小学校高学年から高校卒業までが大半だとされます。
もっとも長くその家で生活するのは親なので、子ども部屋の広さを先に決めるのは現実的ではありません。
子どもの人数や年齢に応じて、考えるのもポイントです。
年齢の近い兄弟だとひとつの部屋でよいケースもありますが、年齢の離れた兄弟だと分けたほうがよいかもしれません。
小さいお子様であれば、リビングの一画にキッズスペースを設けるのも、おすすめです。
マイホームを購入する際に部屋の用途まで、明確にしておく必要はありません。
家族構成や子どもの成長にあわせて、臨機応変に対応していくのが大切です。

マイホームを購入する際に子ども部屋の広さを決めるポイントとは~広い部屋・狭い部屋のメリットとデメリット~

4畳やそれ以下の狭い子ども部屋だと、ベッドや机を置くスペースの確保は難しいのがデメリットです。
しかしながら、部屋が狭いことで整理整頓や掃除がしやすいメリットもあります。
子どもが使うものを子ども部屋以外におくことで部屋にこもらなくなるので、家族とのコミュニケーションもとりやすくなります。
6畳ほどの広い部屋だと、必要な家具を置いても遊ぶスペースや収納スペースが確保できるのがメリットです。
成長にともなって荷物が増えても収納でき、子どもの友達も呼びやすいです。
将来的に兄弟ができた際にも、仕切りを設けて2部屋にできる点もメリットと言えるでしょう。
一方で、広い部屋を子ども自身で整理整頓し管理するのは散らかりやすい、自室が快適すぎて部屋にこもりがちになってしまう可能性がある、などのデメリットもあります。

まとめ

以上、マイホームを購入する際に子ども部屋を決めるためのポイントをご紹介しました。
子ども部屋は狭くても広くてもメリットとデメリットがあるので、家族の状況に応じて対応するのがポイントです。
マイホームの購入を検討している方は、ぜひ参考にしてください。
高知市の新築購入・不動産売却は有限会社パークホーム
お客様の住まい探しをサポートいたします!
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

”不動産購入・売却注意点”おすすめ記事

  • 住み替えで不動産が売れない理由は何?事前のリスク回避方法や対処法を解説の画像

    住み替えで不動産が売れない理由は何?事前のリスク回避方法や対処法を解説

    不動産購入・売却注意点

  • 一戸建てを購入したい方におすすめ!「買取再販住宅」のメリットとは?の画像

    一戸建てを購入したい方におすすめ!「買取再販住宅」のメリットとは?

    不動産購入・売却注意点

  • 年金受給者が不動産売却すると支給額が減額される?注意点も解説の画像

    年金受給者が不動産売却すると支給額が減額される?注意点も解説

    不動産購入・売却注意点

  • 中古マンションの選び方のポイントとは?耐震基準や修繕積立金も含めご紹介の画像

    中古マンションの選び方のポイントとは?耐震基準や修繕積立金も含めご紹介

    不動産購入・売却注意点

  • 固定資産税の建て替え特例とは?適用要件や二世帯住宅の事例をご紹介の画像

    固定資産税の建て替え特例とは?適用要件や二世帯住宅の事例をご紹介

    不動産購入・売却注意点

  • 住み替えを同時進行とは?メリットとデメリットについてご紹介の画像

    住み替えを同時進行とは?メリットとデメリットについてご紹介

    不動産購入・売却注意点

もっと見る