不動産の売却活動が長引く原因は?効果的な対策はあるの?

不動産購入・売却注意点

不動産の売却活動が長引く原因は?効果的な対策はあるの?

不動産売却では、さまざまな原因で売却活動が長引くことも珍しくありません。
住み替えなどでマイホームを売却する場合は、なかなか売れないと困ってしまいますよね。
今回は不動産売却をご検討中の方に向けて、不動産売却が長引く原因と対処法についてご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産売却が長引く原因は?平均的な売却活動期間はどのくらい?

不動産売却が長引く原因の個々のケースによってさまざまですが、一般的に多いのが価格設定が適切でないケースです。
不動産を購入される方は、その物件の広さや築年数、立地などの情報と売却価格が釣り合っているのかを重視することが多いです。
特に同じような条件の物件が比較されることも多いので、エリアの相場や競合する中古物件と売却価格が乖離していると買い手はつきにくいでしょう。
そのほか考えられるのは売り出す時期が悪いケースです。
不動産市場は引っ越しの多い春と秋に活発化します。
つまり夏や冬などはそもそも不動産を探している人が少ないので、売却が成立する確率も下がります。
そのほか、仲介会社との相性が悪いケースもあります。
選んだ仲介会社が売却する不動産のあるエリアに強くないなどの原因があれば、販売活動が不利になることもあります。
また売却活動にかかる期間は平均として3ヶ月、長くても半年とされています。
そのため3ヶ月を過ぎてもなかなか買い手が現れない場合、売却が長引く何らかの原因が潜んでいる可能性が高いでしょう。

不動産売却が長引くのを避けるために!効果的な対処法は?

次に不動産売却が長引くのを回避するための効果的な対処法をご紹介します。
まず売却活動が長引く原因であることが多い、売却価格を見直すことをおすすめします。
不動産売却では相場を把握し、適正価格で売り出すことがもっとも重要です。
購入希望者からの値下げ交渉に応じる形で価格を見直していると、「もっと下がるかも」と期待されて、余計長引く可能性もあります。
また不動産売却では内覧が購入の決め手となることが多いです。
内覧を成功させるためには掃除や手入れを徹底して行い、印象を上げることも大切です。
一戸建ての場合は、建物内部だけでなく庭やエクステリアなどの外観部分もしっかり手入れすることで物件の第一印象がアップできます。

まとめ

今回は不動産売却をご検討中の方に向けて、不動産売却が長引く原因と対処法についてご紹介しました。
不動産売却の期間は長引けば長引くほど、物件の印象が下がりなかなか売れない悪循環に陥ります。
短期間で不動産売却を成功させるためには、適正な売却価格をしっかり検討することが特に重要でしょう。
高知市の新築購入・不動産売却は有限会社パークホーム
お客様の住まい探しをサポートいたします!
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

”不動産購入・売却注意点”おすすめ記事

  • 住み替えで不動産が売れない理由は何?事前のリスク回避方法や対処法を解説の画像

    住み替えで不動産が売れない理由は何?事前のリスク回避方法や対処法を解説

    不動産購入・売却注意点

  • 一戸建てを購入したい方におすすめ!「買取再販住宅」のメリットとは?の画像

    一戸建てを購入したい方におすすめ!「買取再販住宅」のメリットとは?

    不動産購入・売却注意点

  • 年金受給者が不動産売却すると支給額が減額される?注意点も解説の画像

    年金受給者が不動産売却すると支給額が減額される?注意点も解説

    不動産購入・売却注意点

  • 中古マンションの選び方のポイントとは?耐震基準や修繕積立金も含めご紹介の画像

    中古マンションの選び方のポイントとは?耐震基準や修繕積立金も含めご紹介

    不動産購入・売却注意点

  • 固定資産税の建て替え特例とは?適用要件や二世帯住宅の事例をご紹介の画像

    固定資産税の建て替え特例とは?適用要件や二世帯住宅の事例をご紹介

    不動産購入・売却注意点

  • 住み替えを同時進行とは?メリットとデメリットについてご紹介の画像

    住み替えを同時進行とは?メリットとデメリットについてご紹介

    不動産購入・売却注意点

もっと見る