狭小地の不動産は売却しにくい?その理由とおすすめの売却方法

不動産購入・売却注意点

狭小地の不動産は売却しにくい?その理由とおすすめの売却方法

15坪~20坪以下の土地を指す狭小地は、主に都心部の商業地区などによく見られ、狭いだけでなく変形していることも多いので、売却しにくい不動産と言われています。
売却の難易度が高いと言われる理由はいくつもあり、取り扱いに困りやすい狭小地ですが、売れる望みがないわけではありません。
今回は、狭小地の不動産が売却しにくい理由を踏まえながら、おすすめの売却方法をご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

狭小地の不動産が売却しにくい理由

狭小地の不動産が売却しにくい理由の1つ目は、土地の活用法が難しいことです。
狭小地はその名のとおり狭いので、住宅としても店舗としても建てづらく、駐車場にするにも台数が限られます。
2つ目の理由は、住宅ローンが組みづらいことです。
金融機関によっては土地の面積に条件があり、狭小地はその基準を満たせない可能性があります。
特にフラット35は、住宅金融支援機構が提供するローンであるため、融資を受けるには、民間の金融機関よりも高い基準をクリアしなければなりません。
3つ目は、建物を建てる際の面倒が挙げられます。
狭小地周辺の道路は狭いので、重機を入れるのも一苦労ですし、そもそも重機を入れられない可能性もあります。
隣の建物とも近いので、足場の設置や作業員の駐車スペースなどで悩まなければなりません。

狭小地の不動産を売却するための方法

このように売却しにくい狭小地ですが、もちろん売れる望みはあります。
おすすめの売却方法の1つは、買取業者に依頼することです。
買取業者のなかには特定のニーズに応えるため、狭小地を積極的に取り扱う業者も存在します。
買取価格は通常よりも低くなる可能性はありますが、早く売りたいという人にはおすすめの方法です。
2つ目の売却方法は、仲介業者へ依頼することです。
この場合、買取業者への依頼に比べ、売却までに時間を要する可能性が高いというデメリットはありますが、買い手が付けば相場程度での売却も期待できます。
他にも隣の土地や建物の所有者に買取を持ちかけるという方法も、試してみる価値があります。
一般の人には買いづらい土地でも、隣地の所有者には駐車場の確保や増築など、何かしらのメリットがあるかもしれません。

まとめ

売却しにくい狭小地は、狭小地を専門に扱う買取業者に依頼したり、実績のある仲介業者を選んだりすることで、売却できる可能性があります。
早く売るのか高く売るのか、どちらを優先するかによっても売り方が変わるので、専門家のアドバイスを取り入れながらじっくり検討しましょう。
高知市の新築購入・不動産売却は有限会社パークホーム
お客様の住まい探しをサポートいたします!
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

”不動産購入・売却注意点”おすすめ記事

  • 住み替えで不動産が売れない理由は何?事前のリスク回避方法や対処法を解説の画像

    住み替えで不動産が売れない理由は何?事前のリスク回避方法や対処法を解説

    不動産購入・売却注意点

  • 一戸建てを購入したい方におすすめ!「買取再販住宅」のメリットとは?の画像

    一戸建てを購入したい方におすすめ!「買取再販住宅」のメリットとは?

    不動産購入・売却注意点

  • 年金受給者が不動産売却すると支給額が減額される?注意点も解説の画像

    年金受給者が不動産売却すると支給額が減額される?注意点も解説

    不動産購入・売却注意点

  • 中古マンションの選び方のポイントとは?耐震基準や修繕積立金も含めご紹介の画像

    中古マンションの選び方のポイントとは?耐震基準や修繕積立金も含めご紹介

    不動産購入・売却注意点

  • 固定資産税の建て替え特例とは?適用要件や二世帯住宅の事例をご紹介の画像

    固定資産税の建て替え特例とは?適用要件や二世帯住宅の事例をご紹介

    不動産購入・売却注意点

  • 住み替えを同時進行とは?メリットとデメリットについてご紹介の画像

    住み替えを同時進行とは?メリットとデメリットについてご紹介

    不動産購入・売却注意点

もっと見る