借地権の登記が必要なケースと必要のないケースとは?

不動産購入・売却注意点

借地権の登記が必要なケースと必要のないケースとは?登記をおこなうメリットについても解

借地権とは、他人の土地を借りて建物を建てて所有することのできる権利で、登記が必要なケースとそうでないケースがあります。
今回は「借地権」に注目し、借地権の登記が必要なケースと必要でないケースについてご説明するとともに、必要のないケースでも登記をおこなうメリットについてもご紹介したいと思います。

弊社へのお問い合わせはこちら

借地権の登記が必要なケースと必要のないケースとは?

まずは、具体的に借地権についてご説明します。
借地権とは「借地借家法第2条1号」によって、「建物の所有を目的とする地上権又は土地の賃借権」と定義づけられており、借地権には地上権と賃借権があります。
地上権とは建物などを直接的に支配できる比較的強い権利のことで登記義務があり、賃借権とは債権債務関係に基づく権利のことで登記はできません。

借地権登記が必要なケースとは

借地権登記が必要なケースには、次の4つが考えられます。

借地契約を締結するとき
更地について借地契約を締結する際に、地上権を含む借地権であれば「地上権を設定する登記」を、賃借権でその土地に建物を建てる場合は完成後に「所有権保存登記」をする必要があります。

借地権を譲渡されたとき
贈与や購入などによって借地権を譲渡された際には、引き渡し時に「所有権移転登記」をする必要があります。

相続によって借地権を取得したとき
相続によって借地権や借地権付きの建物を取得した場合には、「相続登記」をおこなう必要があります。

借地契約を解消したとき
返還などによって借地契約を解消した場合には、「滅失登記」をおこなう必要があります。

借地権登記が必要でないケースとは

上記以外の場合は一般的に借地権登記を必要としないため、登記していない場合が多いです。

借地権の登記が必要のないケースでも登記をするメリットとは?

借地権のなかでも賃借権の場合は登記の必要はありませんが、借地権登記が必要なケース以外でも登記をしておくとメリットを得られる場合があります。
借地権のなかには「定期借地権」という種類がありますが、定期借地権を登記しておけば貸す側であっても借りる側であってもメリットがあります。
貸す側のメリットとしては、定期借地権の存続期間を超えた場合に契約に関する書面がなくとも借地権の存在を証明することができます。
借りる側のメリットとしては、借地権の存続期間中に建物がなくなった場合でも、借地権の対抗力を持つことができます。

まとめ

借地権では登記が必要なケースと必要ではないケースとがあり、必要のないケースでも場合によっては登記することでメリットを得ることができます。
借地権の状況によって登記の必要性を確認するとともに、必要のないケースでもメリットを得られそうであれば登記しておくことをおすすめします。
高知市の新築購入・不動産売却は有限会社パークホーム
お客様の住まい探しをサポートいたします!
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

”不動産購入・売却注意点”おすすめ記事

  • 住み替えで不動産が売れない理由は何?事前のリスク回避方法や対処法を解説の画像

    住み替えで不動産が売れない理由は何?事前のリスク回避方法や対処法を解説

    不動産購入・売却注意点

  • 一戸建てを購入したい方におすすめ!「買取再販住宅」のメリットとは?の画像

    一戸建てを購入したい方におすすめ!「買取再販住宅」のメリットとは?

    不動産購入・売却注意点

  • 年金受給者が不動産売却すると支給額が減額される?注意点も解説の画像

    年金受給者が不動産売却すると支給額が減額される?注意点も解説

    不動産購入・売却注意点

  • 中古マンションの選び方のポイントとは?耐震基準や修繕積立金も含めご紹介の画像

    中古マンションの選び方のポイントとは?耐震基準や修繕積立金も含めご紹介

    不動産購入・売却注意点

  • 固定資産税の建て替え特例とは?適用要件や二世帯住宅の事例をご紹介の画像

    固定資産税の建て替え特例とは?適用要件や二世帯住宅の事例をご紹介

    不動産購入・売却注意点

  • 住み替えを同時進行とは?メリットとデメリットについてご紹介の画像

    住み替えを同時進行とは?メリットとデメリットについてご紹介

    不動産購入・売却注意点

もっと見る