不動産購入に役立つペアローンとは?メリットとデメリットも解説

不動産購入・売却注意点

不動産購入に役立つペアローンとは?メリットとデメリットも解説

不動産の購入にあたっては融資を受けるのが一般的であり、ときにペアローンも使われています。
うまく活用できると高価な不動産でも購入できることがあるので、1つの方法としてチェックしてみてください。
今回は、ペアローンの基本のほか、メリットとデメリットについても解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産購入時にしばしば使われるペアローンとは

ペアローンは既婚世帯からよく利用される商品であり、夫婦がそれぞれで個別に住宅ローンを組みます。
住宅ローンは一家の大黒柱ではない方でも利用でき、また1世帯で複数の契約を同時に結ぶことも可能です。
ゆえに、既婚世帯にて夫と妻が個別かつ同時に住宅ローンを利用し、各借入金をあわせて1軒の家を買うこともできます。
夫と妻が個別かつ同時に借り入れすることを想定しているのが、ペアローンなのです。
収入合算型ローンとの違いは、融資の契約数にあります。
収入合算型ローンは、夫婦の収入を合わせた状態で夫か妻のどちらかが代表者として1件の契約を結ぶ商品です。
ペアローンはあくまで夫と妻が個別に住宅ローンを利用する方法であり、契約数は2件となるのです。
このように一見すると両者は似ているものの、仕組みが異なる別商品なのでご注意ください。

不動産購入時にペアローンを使うメリットとデメリット

ペアローンのメリットは、夫婦がそれぞれ融資を受ける関係で不動産購入の予算が増えることです。
たとえば夫も妻も最大借入額を2,000万円とされている場合、2人で同時に融資を受ければ4,000万円もの資金を準備できます。
購入できる不動産も増え、単独で借り入れしたときには購入できない物件も手に入れられます。
節税に有利なこともペアローンのメリットです。
住宅ローン控除が夫婦それぞれに適用されるので、平時の所得税をしっかりと抑えられます。
さらに、購入した不動産を将来売る際、譲渡所得税における特例も夫婦それぞれに適用されるので、売却で得た収益に課せられる税金も減りやすいのです。
ペアローンのデメリットは、つい借りすぎて返済が苦しくなりやすいことです。
配偶者の転職・失業・死亡などによって世帯の収入が減ると、返済不能に陥りやすくもあります。
借り入れ時点で事務手数料などが2人分かかることもデメリットです。
さらに、ペアローンは夫と妻の双方が債務者となり、お互いの連帯保証人にもなる関係で、離婚したときには揉めやすいです。
購入した家から出て行ったときにも、返済の請求は止められないことが少なくありません。

まとめ

不動産の購入資金を用意する手段はさまざまであり、今回ご紹介したペアローンにて夫婦それぞれが借り入れすることも可能です。
気を付けたいポイントを事前によく確認しておけば役立つことも多いので、必要に応じて活用してみてください。
高知市の新築購入・不動産売却は有限会社パークホーム
お客様の住まい探しをサポートいたします!
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

”不動産購入・売却注意点”おすすめ記事

  • 住み替えで不動産が売れない理由は何?事前のリスク回避方法や対処法を解説の画像

    住み替えで不動産が売れない理由は何?事前のリスク回避方法や対処法を解説

    不動産購入・売却注意点

  • 一戸建てを購入したい方におすすめ!「買取再販住宅」のメリットとは?の画像

    一戸建てを購入したい方におすすめ!「買取再販住宅」のメリットとは?

    不動産購入・売却注意点

  • 年金受給者が不動産売却すると支給額が減額される?注意点も解説の画像

    年金受給者が不動産売却すると支給額が減額される?注意点も解説

    不動産購入・売却注意点

  • 中古マンションの選び方のポイントとは?耐震基準や修繕積立金も含めご紹介の画像

    中古マンションの選び方のポイントとは?耐震基準や修繕積立金も含めご紹介

    不動産購入・売却注意点

  • 固定資産税の建て替え特例とは?適用要件や二世帯住宅の事例をご紹介の画像

    固定資産税の建て替え特例とは?適用要件や二世帯住宅の事例をご紹介

    不動産購入・売却注意点

  • 住み替えを同時進行とは?メリットとデメリットについてご紹介の画像

    住み替えを同時進行とは?メリットとデメリットについてご紹介

    不動産購入・売却注意点

もっと見る