海沿いの不動産は魅力的?購入前に知りたいメリットとデメリットとは

不動産購入・売却注意点

海沿いの不動産は魅力的?購入前に知りたいメリットとデメリットとは

不動産の購入にあたって建物のデザインや間取りも大切ですが、立地も重要です。
立地条件が良い不動産を選ぶと快適な生活が送れる反面で、デメリットも存在する場合があります。
立地面でも満足できる不動産を購入できるよう、立地に関する特徴もよく確認しておくと良いでしょう。
今回は、海沿いの不動産を購入するメリットとデメリットをご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

海沿いの不動産を購入するメリット

海沿いの不動産を購入するメリットは、まず、海が近いことです。
海が近いので風通しが良く、自宅の窓からきれいな海の景色を眺められます。
また、波の音がよく聞こえることもメリットです。
波の音は癒しを目的とした音楽にしばしば活用されており、メンタルヘルスに良い影響を与えるといわれています。
海が近くにあるので、マリンスポーツも気軽に楽しめます。
近所に散歩に行くような感覚で海水浴やサーフィンができるので、休日にはもちろん、平日の出勤前や帰宅後にもマリンスポーツが楽しめます。
そのほか、海沿いで暮らすと新鮮な海産物も手に入りやすくなります。
近くの海で水揚げされたばかりの海産物が近所のスーパーや鮮魚店で売られており、新鮮な海鮮料理を堪能できます。

海沿いの不動産を購入するデメリット

海沿いの不動産を購入するデメリットは、塩害が発生することです。
塩害とは、塩分をふくむ風などの影響で植物が枯れたり、金属が錆びたりすることです。
海沿いに建つ家はもとより、敷地に止めている自転車や自動車なども塩害の影響を受けます。
手入れを頻繁にしないと寿命が通常よりも縮まるので、建物をふくめた身の回りのものをこまめに手入れする必要があります。
また、風が強いので天気の悪い日には物が飛んでくる恐れがあるほか、窓ガラスが割れる場合もあります。
強風に耐えられるようにシャッターや雨戸、外塀などを設ける必要があります。
そのほか、海沿いは湿度が高くなりがちです。
空気が湿っているのみならず、家の中でカビが生えたり、保存していた果物などが腐ったりしやすいです。
また、洗濯物が比較的乾きにくいことも、よく確認しておくと良いでしょう。

まとめ

海を日常的に眺められたり、海水浴などを手軽に楽しめたりと海沿いの不動産には多くのメリットがあります。
ただ、塩害によって建物や自動車などが傷みやすいといった一面もあるので、メリット・デメリットをよく確認したうえで不動産購入を検討されると良いでしょう。
高知市の新築購入・不動産売却は有限会社パークホーム
お客様の住まい探しをサポートいたします!
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

”不動産購入・売却注意点”おすすめ記事

  • 住み替えで不動産が売れない理由は何?事前のリスク回避方法や対処法を解説の画像

    住み替えで不動産が売れない理由は何?事前のリスク回避方法や対処法を解説

    不動産購入・売却注意点

  • 一戸建てを購入したい方におすすめ!「買取再販住宅」のメリットとは?の画像

    一戸建てを購入したい方におすすめ!「買取再販住宅」のメリットとは?

    不動産購入・売却注意点

  • 年金受給者が不動産売却すると支給額が減額される?注意点も解説の画像

    年金受給者が不動産売却すると支給額が減額される?注意点も解説

    不動産購入・売却注意点

  • 中古マンションの選び方のポイントとは?耐震基準や修繕積立金も含めご紹介の画像

    中古マンションの選び方のポイントとは?耐震基準や修繕積立金も含めご紹介

    不動産購入・売却注意点

  • 固定資産税の建て替え特例とは?適用要件や二世帯住宅の事例をご紹介の画像

    固定資産税の建て替え特例とは?適用要件や二世帯住宅の事例をご紹介

    不動産購入・売却注意点

  • 住み替えを同時進行とは?メリットとデメリットについてご紹介の画像

    住み替えを同時進行とは?メリットとデメリットについてご紹介

    不動産購入・売却注意点

もっと見る